メニュー 閉じる

相手の本性を見破る!

エイプリルフールということもあり、ウソに関連したことで、相手の本性を見破る方法をご紹介していきます。

人間関係は僕らの幸福度を左右しますし、性格の良い人と関わっていった方が良いに決まってします。
相手のことを疑ってばかりの人と関わるなんて疲れるので、相手の本性を見破って、早め早めに見切りをつけていきましょう。

無駄な時間を使わずに、スッキリとした人間関係を築くきっかけとなるのが、今回のブログです。

 

もちろん、根拠となる文献を用意しての見破る方法ですので、ある程度の保証があります。

「追い込まれると本性が出てくる!」

みたいな通説がありますが、そういったことも科学的に証明されており、より確信的に活用してもらいたいものばかりです。科学を持ってして有効性が確認されているので、いままで経験的に使っていた手法を、堂々と使っていけます。

目の前にいる人を丸裸にしましょう!

 

 

時間制約をすると本性が現れる

 

始めは2018年に出たオハイオ州立大学の論文から、相手の本性を見破る方法をご紹介します。

102名の学生に、実験経済学でよく使われる「独裁者ゲーム」というものをしてもらいます。簡単に説明しますと、以下のようなルールでおこなっていきます。

 

  1. まずは見知らぬ相手とペアを組んでもらい、ペアの1人に大金をわたす
  2. 大金をもらった人は、自分ともう1人のペアで取り分を自由に決めてもらう

 

基本的にヒトは社会性の生き物で、普通の状況では公平に半々で分け合うという選択をします。
なので、この実験では配分の条件を以下のように細かく変えています。

 

  • 自分の取り分を1ドル減るごとに相手に1ドルが入る
  • 自分の取り分を1ドル減るごとに相手に10ドルが入る
  • 自分の取り分を10ドル減るごとに相手に3ドルが入る

 

このようにパターンを変えながら200回ほど試験をおこないました。
さらに、金額を決める際に、以下の時間制約を設定しています。

 

  1. 2秒で取り分を決める
  2. 10秒で取り分を決める
  3. 時間制約なしで取り分を決める

 

その実験の結果、以下の結果が出てきました。

 

  • 時間制約がない場合は、参加者全員の決定金額に大差がなかった
  • 時間制約が短いほど、本性が利己主義の人は自分に有利な金額を選び、本性が利他主義の人は相手に有利になる金額を選んだ

 

研究者が言うには、「時間の締め切りは、その人が生まれもった性格を拡大させる傾向があり、それが利己的でも利他的でも同様である」とのこと。

データによれば、ヒトは「考える時間が10秒に満たない」ぐらいだと、本性が現れやすいようです。ヒトのなかには『利己的に行動するか?利他的に行動するか?』という二択で考えるバイアスがあり、緊急時といった切羽詰まった状況だと、ヒトはそのバイアスをベースに行動選択するそうです。

 

 

 

お酒を飲むと本性が現れる

 

続いては2017年に出たミズーリ大学の実験をご紹介します。

この実験は156名の男女を対象に、まずは参加者全員にアンケートをおこない「お酒を飲むと性格がどう変わりますか?」と尋ねたうえで、実際に血中のアルコールレベルが90mgになるまでウォッカを飲んでもらいます。
そのうえで、酔った参加者たちに簡単なゲームをおこなってもらい、それぞれのパーソナリティがわかりやすく見えるように調整します。さらに、その状態をお酒を飲んでいない第三者に観察させて、酔った参加者がどのような性格だと感じたかを採点してもらいました。

ちなみに、この実験でのパーソナリティチェックは、科学的に信ぴょう性の高いビッグファイブで採点しています。

 

この実験の結果ですが、以下のとおりとなりました。

 

  • お酒を飲んだ本人は、自分の誠実性や協調性が減り、感情が安定したと報告した
  • しかし、お酒を飲んでいない第三者視点では、酒を飲んだ人はやや外向性が増した程度で、他の要素に変化がなかった

 

研究者の考察をまとめますと、以下のようになります。

 

  1. お酒を飲むとアルコールによって自分の性格に変化が起きたと本人は感じるが、他人から見れば性格はほぼ変わらない。
  2. お酒を飲んだ参加者は、ビッグファイブのすべてにおいて「性格が変わった」と報告したが、他人から見て唯一わずかに変化があったのが「外向性」のみ。その他の要素は、酒を飲もうが飲むまいが変わらない。

 

一方で大きな変化があった部分があり、それは「集団になりたがる」ことと「自己主張が多くなる」の2つ。

お酒によってこの2つが明確に変化するが、自制心が効かなくなり本来の性格が現れる・より強調されるようです。
通説にある「あの人って、お酒を飲むと性格が変わるよね…。」は、本来の性格を理性で抑えているだけで、お酒を飲んでいるときの振る舞いが、本来のその人なのです。

 

 

 

 

といった具合で、相手の本性を見破る方法のうちの2つをご紹介しました。

時間制約については、たとえば「今100万円手に入ったとして、家族や仲間と分けるとしたらどうするの?」という質問を、2~5秒以内に答えてもらうゲームをしかけてみるのもいいかもしれません。あとは「友達と好きな人がかぶったらどうする?」みたいなのもありかもしれません。

お酒に関して言えば、性格が変わるというより、そのまま本性が現れるだけです。
お酒の席で、観察したい対象の振る舞いをチェックして、その本性を覗いてみると良いでしょう。

人間の本性は、割と現れやすいものです☆

 

 

【参考文献】

[Biased sequential sampling underlies the effects of time pressure and delay in social decision making]

[An Experimental Investigation of Drunk Personality Using Self and Observer Reports]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です