メニュー 閉じる

免疫力を上げるポリフェノールを調べてくれた論文がありましたよ!

コロナが怖いが、こういうときは臆病な方が生き残れるので臆病でいます…。

僕らはできる限りを尽くして、コロナが落ち着くまで耐え抜くのが良いでしょう。
その1つに、免疫力を高めることがあります。兎にも角にも免疫力を高めて、ウイルスに負けない身体作りをしていきましょう。

何もしないよりかは、あるかにマシです。。。

 

今回は、僕らの免疫力を高める『ポリフェノール』を調べてくれた論文がありますので、ご紹介していきます。

特別なことではなく、これは食事という欠かせない行為でできますので、手間などをかけることはありません。
なので、無理をすることなく、すぐに行動に移すことができます。

このブログをお読みになり、すぐに取りかかっていきましょう!
その他、施術や健康、メンタルなどで気になることがありましたら、どうぞお問い合わせください。

 

 

免疫力を高める4つのポリフェノール

 

2016年に公開された質の高い14件のデータを精査したオークランド大学のメタ分析があります。
この調査は感染症のデータがメインですので、今の状況にはピッタリかと思います。

皆さんはご存知かと思いますが、ポリフェノールには抗炎症作用を中心に、抗ウイルス・抗菌・抗酸化作用などがあります。
アンチエイジングをしている人は御用達でしょうが、実は免疫力向上にも一役買っているのです。データは上気道感染への影響をチェックしてまして、要は「ポリフェノールを摂ることでカゼ症候群は防ぐことはできるのか?」ということを調べたわけです。

 

結果は予想通りで、ポリフェノールを摂ることで『風邪の症状(扁桃炎、咽頭炎、中耳炎など)を33%減らすことができた』そうです!
これはかかりにくくなるほか、回復速度が速くなったということですね。

そこで、主に炎症に効いたというポリフェノールというのが、以下の4つということです。

 

 

 

ケルセチン

 

タマネギやパセリ、ブロッコリー、モロヘイヤ、サニーレタス、リンゴ、かんきつ系フルーツ、ブルーベリー、オリーブオイルなどといったものに含まれています。

抗炎症作用のほか、リーキーガット症候群やアレルギー性鼻炎に効く成分として取り上げております。

 

 

 

アントシアニン・プロアントシアニジン

 

ベリー類全般にサツマイモ、赤キャベツ、紫タマネギ、ラディッシュ、インゲンマメ、ナス、黒マメなど、主に紫色の食べ物に多く含まれています。

抗炎症作用といえば!…というくらい昔から有名なポリフェノールです。

 

 

 

アラビノガラクタン

 

ニンジンにラディッシュ、梨、コーン、トマト、ダイコンなどに含まれています。

全体的に含有量が少ないので、サプリで補うのもアリかと思います。

 

 

 

EGCG・テアニン

 

緑茶に含まれています。

とても強い抗酸化作用があることで有名です。

 

 

 

 

1つ1つ覚えるのは大変ですので、彩りが鮮やかな野菜や果物を中心に選ぶのがコツですね!
ポリフェノールは基本的に色素なので、色がついているものを選べば何とかなります。

あとは、なんとなく身体に良さそうなラインナップですので、基本に忠実にしていくことが大切かと思います。
たとえば、献立でフルーツにブルーベリーやリンゴ、炭水化物にサツマイモ、タマネギやキャベツにオリーブオイルをかけるなんて良いですね。そして、ティータイムに緑茶を飲むなんて良いでしょう。

実のところ、1年以上風邪をひいていないんですよね、僕☆

 

 

【参考文献】

[Effect of Flavonoids on Upper Respiratory Tract Infections and Immune Function: A Systematic Review and Meta-Analysis]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です