メニュー 閉じる

真のデトックスを目指すなら、とにかく『コレ』を摂れ!

鍼灸師という身ではありますが、科学的に判明しているものはそちらを優先して提案しています。

今回のテーマの『デトックス』ですが、実際のところ、人体の解毒をおこなっているのは主に肝臓と腎臓です。ビタミンやミネラル摂取によって解毒されるというより、この2つの内臓をキチンと機能させることによって、体内の毒素は排出されるのです。

たとえば、ミネラルの値が基準値よりも高い場合、肝臓ないし腎臓の機能を正常にさせることが、現実的なデトックスとなり得ます。

 

…で、今回のブログでは『腎機能を向上させる方法』に着目していきます。

いろいろなデトックス商品がありますが、無難かつ実際的な方法は肝臓と腎臓をケアすることです。
よく分からないものにすがるよりも確実ですので、まずはこの2つを大切にしましょう。そのうちの、腎機能を向上について取り上げていきます。

もし時間とお金に余裕があるのなら、デトックス商品に手を出してみてもいいと思います。

 

 

本当にデトックスに有効な栄養素について

 

イランの大学の研究で、1630名の男女を6.1年ほど追跡した観察研究があります。
この研究は、期間内に対象者全員の腎臓の状態をチェックし続け、腎臓にとって何がもっとも大事なポイントなのかを調査しました。

腎臓にダメージを与える原因はいろいろとありまして、たとえば以下のとおり。

 

  • 塩分の過剰摂取
  • ビタミンC 、マグネシウム、カリウムの不足
  • タバコ
  • アルコール
  • 高コレステロール
  • 過労
  • ストレス

 

よくあることなんですが、よくあることだからこそ、現代人は病気になるわけです…。
この研究は、「腎機能を維持するためにはどうすればいいのか?」を明確にするためのもので、数多くある要因を調べ上げていきました。

その結果、『食物繊維の摂取を増やす』ことが、腎臓の健康に不可欠であることがわかりました!
他の要因と比較しても、食物繊維の摂取量は、腎臓の健康との相関が大いに優位とのこと。よって、食物繊維の摂取を増やせば増やすほど、腎機能が低下しにくい傾向があるとハッキリと出ているようです。

 

腎機能を維持するために必要な、具体的な食物繊維の量は以下のとおりです。

 

  • 1日の摂取量が17.7g以下の人と比べた場合、1日26g以上で腎機能の低下リスクが50%減少する
  • 1日の食物繊維の摂取量が5g増えるごとに、腎臓病のリスクが11%ずつ減少する傾向があった

 

注意点がありまして、この研究では『野菜の食物繊維では腎機能を維持できたものの、果物や穀物では相関が現れなかったそうです。
機序についてはよくわかっていませんが、研究者たちの推測では「野菜のほうが腎機能を低下させるリスク要因(糖尿病など)の改善に効果がバツグンだからでは?」としています。なので、腎機能に着目してデトックスに励むのなら、とにかく野菜を食べまくるのが有効そうです。

 

 

 

 

食物繊維を増やしていくことは良いことばかり…。
基本的にマイナス面はほとんどないので、積極的に摂っていって問題なしですね。

過去のブログでは、肝臓のデトックスは『コーヒーかお茶』と紹介しましたので、これらを組み合わせていくとよろしいかと!
胡散臭い(ちょっと言い過ぎ)デトックス商品に手を出す前に、まずは野菜やコーヒー、お茶が一番でしょう。そして、果物や穀物も追加するのが良いですね。

本当のデトックスとは、こういうものかと!

 

 

【参考文献】

[Dietary fibre intake in relation to the risk of incident chronic kidney disease]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です