メニュー 閉じる

【お腹が弱い人必見!!】発酵食品が過敏性腸症候群を改善?!

今回は、お腹が弱い人に朗報なテーマを用意しました!
それは「あなたの過敏性腸症候群(IBS)は発酵食品で改善できるかも?」です。

過敏性腸症候群は下痢や便秘を繰り返し、腹痛や不快感などが現れるものです。
心的緊張やストレスが原因とされていますが、明確な原因が不明でやっかいな症状です。

腸内環境を整えるならプロバイオティクスが良いとも言われていますが(このあたりは後ほど…)、今回のブログでは発酵食品の有効性について解説していきます!

 

 

発酵食品のIBSに対する有効性について

 

コペンハーゲン大学などのパイロットスタディがありまして、この研究はIBS患者34名を対象にして実験をしております。
パイロットスタディなのでハッキリとした結論ではありませんが、発酵食品の有効性は確かなものがありますので、試してみるには十分かと!

実験では、全体を2グループに分けております。

 

  1. 低温殺菌したザワークラウトを摂ってもらうグループ
  2. 低温殺菌していないザワークラウトを摂ってもらうグループ

 

実験は6週間にわたっておこなわれ、以下のような結果を得ることができました。

 

  1. 両グループともIBSの症状が大幅に改善した(殺菌グループが−38.57 ± 17.08 で、無殺菌グループが −56.99 ± 16.92)
  2. 両グループとも腸内細菌が増加した。特に無殺菌グループの方が乳酸菌の増殖が大きかった。

 

低温殺菌された方も改善したようですが、この実験では無殺菌の方が成果が大きかったようです。

比較対象のプラシーボグループがないのですが、主観的な症状もチェックし、なにより腸内細菌にもキチンと変化があったので間違いはないものかと…。
まあ、IBSを判断する明確な指針がないので、症状改善や腸内細菌の増加が治癒に結びついているかは定かではないのですが。

 

 

 

 

パイロットスタディなもので、統計や実験デザインも甘めです。

ですが、今後の実験の比較対象になると思われますので、始めはこのくらいなものです。
これから「IBSには発酵食品だ!」といえるくらいまでは落としこんでくれると期待していきましょう。

お腹がピーピーでお困りなら、とりあえずは発酵食品で様子見でしょうね!

 

 

【参考文献】

[Lacto-fermented sauerkraut improves symptoms in IBS patients independent of product pasteurisation – a pilot study]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です