メニュー 閉じる

【男性へ…】科学的に正しい女性への『ほめ方』について

男性たるもの、独身なら女性からモテたいハズ…。
意中の人がいるなら、その人からの好意を独占したいものです!

そういったとき、どのようにして好意をいただければいいものなのか?
今回は『男性が女性からモテるためのほめ方』について解説していきます。

僕のブログは、あらゆる角度から人生を満足させる方法を綴っておりますので、どうぞよろしくっ☆

 

 

女性が好む男性の『ほめ方』について

 

2017年の中国電子科学技術大学の論文で、116名の女性を対象にした実験があります。

デザイン内容については、以下のようになっております。

 

  1. 140名の男性の写真を見せて、見た目の魅力度を採点してもらう
  2. 被験者となる女性たちに「写真の男性が、あなたをほめてましたよ」という架空の情報を伝え、研究者が作成した「お世辞」を読む
  3. 被験者の女性たちの男性に対する魅力度の変化をチェックする

 

この実験の肝は「ほめ方」にありまして、研究者は2パターンのお世辞を用意しております。
それにより、男性への評価の変化をチェックしたというわけです。

 

  1. 直接的なほめ方:ex)「キレイな目をしていますね」
  2. 比喩的なほめ方:ex)「朝露のような目をしていますね」

 

結果なのですが、直接的なお世辞よりも、比喩的なお世辞のほうが大幅に印象が良くなるということがわかりました。また、より「独創的な比喩表現」をする方が良くなり、この研究では「持物をほめるよりも外見をほめる」方が好感度が上がったそうです。

比喩的なほめ方がモテる理由ですが、比喩が知性の象徴として作用するからです。
上手な比喩・独創的な比喩は「この人は頭が良い!」という印象を与え、それが「優秀な遺伝子を持っている!」ことにつながります。当然ですが、子孫を残すなら優秀な遺伝子を持っている異性を選びますので、それがモテにつながるというわけです。

 

 

 

 

そういうことで、男性が女性をほめるなら、例えを使ってほめる方が良いですね。
知性をアピールできますので、それが好意を持ってくれることにつながります。

過去にも好感を持ってくれる方法について解説していますので、それらを駆使すると尚良し!
とはいえ、表現によってはキモがられますので、いきすぎないようにご注意を…。

さすがに、そこまでは責任は持てないものなので(汗)。

 

 

【参考文献】

[Women prefer men who use metaphorical language when paying compliments in a romantic context]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です