メニュー 閉じる

『本当の自分』を心理学的に解説していきます

「これって、本当の自分なのかな?」

…おそらくは、一度はそう思ったことがあるかと思います。
なにせ、社会にせよ学校にせよ、大体は自分の本心から出た発言や行動をとることがないでしょう。

そんなことしたら、十中八九、トラブルになりますからね(笑)
なので、今回は『本当の自分というものは存在するのか?』を、心理学の方面から解説していきます。

どうぞ、よしなに…。

 

 

心理学における『真の自己』について

 

紹介するのは2017年に出たイェール大学のレビュー論文でして、過去におこなわれた「真の自己」についての研究データをまとめたものとなっております。十数年の科学会では『真の自己は存在しない』という結論に至っているのが基本でして、あらためてその知見をおさらいしていくというわけですね。
このあたりは、実は仏教も同じような結論を出しているんですよね~~。。。

ヒトの脳は特定の機能を持った様々なプログラムの集合体なので、どれかひとつの機能だけをピックアップして「これこそ本当の自分である!」と判断するのは不可能だとされています。
仮に、

 

  • 「健康のためにも、運動をしよう!」
  • 「ダルいから動きたくないな~」

 

という気持ちが同時に湧き上がったとして、どちらが本当の自分なのかがわからないということ。
これはヒトの生存機能が同時に起動しただけで、この気持ちに良し悪しなんてないのです。

これに対して「本当の自分」を決定しようとしても、生産性がまったくないのですねぇ。。。

 

この件に関しては、脳科学や神経科学から導き出された結論であります。
その一方で、イェール大学の論文は心理学の観点から「真の自己」について考えております。なので、考え方に若干の違いがありまして、大まかにまとめますと『大体の人は、自分が見て感じたことを事実だと思う傾向にあり、「真の自己」について語ることは、その人の価値観の表明にしかならない』ということ。

つまり、「自分は○○が好きなんです!」と発言すると、相対する人は、それを「本当の自分」と判断するということですね。

 

研究者によると、

本当の自分というものは、存在するのだろうか?
本稿でレビューしたエビデンスによれば、この疑問に対する答えは次のようになる。

この回答の要点は、真の自己が観察者の視点によって変化するところである。
例えば、ある人が「ゲイの衝動は間違いだ」と思っていたとしよう。この場合、その人にとっては「ゲイの衝動に抗うことこそが真の自己を反映しているのだ」という判断になるはずだ。

また、ある人がサイコパス診断で高い得点を獲得した場合、その人はモラルに関する特性を真の自己とは思わない。
真の自己とは主観的なものであり、各人がどのような対象に重きを置いているかが反映しているにすぎない。

 

とのこと…。
ヒトは『道徳的な自分を「本当の自分」と思いたい生き物』でして、心理学の実験で「真の自己」についてチェックすると、大体の人は「自分が道徳的な行動を取ったときに本当の自分が現れる」と思う傾向にあるそうな。

僕らの脳は生まれつき「道徳心=真の自己」と解釈するバイアスが備わっておりまして、このバイアスは、自身よりも他者を判断する際に起こりやすいそうです。
悪人が善人になった場合は「本当の自分が現れた」と解釈し、善人が悪人になったときは「環境が悪かったのだ」と判断するみたいです。

基本的に、ヒトには性善説バイアスがあるみたいですな。

 

ヒトにこのようなバイアスが備わった理由ですが、それは「生存に有利になるから」というもの。

「本当の自分は善である」と信じることで、仮に相手が悪行を働いたとしても、辛く当たることがなくなります。
この考え方が、必要以上に仲間内で軋轢が生まれなくさせまして、そのように進化することが有利になるというわけなんですねぇ。

このバイアスですが、実は仲間グループ内でしか働かなく、相対する人を「自分の仲間ではない」と判断すると起動しなくなります。なので、仲間グループの価値観にそぐわない言動をすると、「その人は自分たちの仲間ではない!」とグループから追放されるわけです。

 

 

 

 

というわけで、簡潔にしていきますと

 

  • 「真の自己」を心理学的立場でみると、見る側の主観によって左右される現象である
  • 基本的にヒトは「性善説バイアス」があるため、見る側は、そのバイアスで判断してしまう
  • 「性善説バイアス」はグループ内で生きる為の機能なので、グループ外では機能しない

 

という感じ。

なんとなくですが、日本は島国なので、この機能が尋常じゃないくらい働いている気がしますね(汗)
同調圧力が強いものですから「コレは本当の自分じゃない…」って思いたい気持ちは、なんとなくわかります。

とはいえ、自己啓発セミナー

 

  • 「本当の自分でいましょう!」
  • 「ありのままでいよう!」
  • 「わがままに生きよう!」

 

なんて、わけのわからないことを言っているのも困りもの!
そんなことしたら、だいたい揉めます(爆笑)

 

 

【参考文献】
[The True Self: A Psychological Concept Distinct From the Self]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です