メニュー 閉じる

ご挨拶

鍼灸師B-MANABUについて

こんにちは!
パフォーマンスを最大化する鍼灸師B-MANABU【本名:文屋学(ぶんやまなぶ)】です。
当ブログにアクセスしていただき、本当にありがとうございます。

基本的にフリーで鍼灸施術をしつつ、ライターをしております。
昔から雑学を学ぶのが趣味で、それを友達などに話していくことが大好きな人間です。その延長で現在は、各人が人生のパフォーマンスを高める方法やアンチエイジングなど、科学的知見に基づいた健康情報をお伝えしています。

 

 

ダイエットやアンチエイジング、健康法などに関する雑誌取材や執筆、セミナー依頼などを随時受け付けております。どうぞ、お問い合わせフォームからお気軽にご依頼ください。

また、パーソナルトレーニングや生活指導などのセッション、個人カウンセリング、鍼灸施術の依頼を受け付けております。ご自身のQOL(人生の質)向上の為にも、どうぞお気軽にご依頼ください。

 

 

フリーランスである理由

 

たまたまです(笑)
もともと、他人にかしずくタイプではありませんし、自由に生きたい人間ですのでフリーになりました。

 

大学3年生のとき、

「自分にしかできないことをしたい!」

「人の役に立てることをしたい!」

と思いつつ、大学の進路相談室で進路に迷っていたとき、偶然にも鍼灸の専門学校のパンフレット請求の案内を見つけたのが、鍼灸の道を選んだきっかけです。

そして、鍼灸師になったことにより『健康の重要性』に気付き、心身ともに健康だとは言い切れない今の日本には、私が培ってきた健康に関するノウハウが必要だと思い、多種多様な健康情報を配信し続けています。
ちなみに、自分の治療院を持たないスタンスでいるのは、いろいろな場所から健康情報を発信したり、いろいろな場所で施術をしたりして、自由に活動していきたいからです。

 

 

科学的知見について

 

主に科学的根拠に基づいている出版物、海外のサイトアメリカ国立医学図書館 国立衛生研究所等を駆使して知見を広げております。その知見を、皆さんにわかりやすくお伝えするよう心がけております。
エビデンスのあるもの、科学的根拠に基づいた情報をお伝えし、皆さんに確かな健康が身に付くことを願っています。

そのほかにも、東洋医学に基づいた根拠を取り入れた健康情報もお伝えしています。
人間の体は、まだまだ未知な部分が大いにあります。ですので、東洋医学の情報も加味しつつ、皆さんがより健康であり続けることを心がけています。

 

 

パフォーマンスを最大化するというテーマについて

 

個人的な感想で恐縮ですが、今の日本は『非効率なこと・無駄なこと・根拠の乏しいもの』が多い気がします。
もっと科学的・東洋医学的な方法をしていけば、より効率的に・より有意義に・より確かな時間を過ごしていけるはずだと思っています。

自分の能力を高める・心身の悩みを解消することによってパフォーマンスが最大化して、より自分のQOL(人生の質)を向上することが可能だと信じています。結果として、自分の人生を謳歌することができると私は想っております。

 

自分自身も、鍼灸師でありながら『手荒れがひどい、感情の起伏・体重の変動が激しい、アレルギー』ということがありました。知見を広げるだけでなく、自身の身体で実践することにより改善し、パフォーマンスを最大化する大切さに改めて気付いています。
実際に、ひどい手荒れをみて『この人、あまり健康に気をつかっていないのかなぁ…。』と思われ、敬遠される可能性であってありますからね。その不利な状況を未然に防ぐことも、ちゃんとしている人には必要かと思っています。

おかげで「手がキレイ」だと褒められ、信用されるようになりました。
早めに実践すればよかったと、良い意味で後悔しています(笑)

 

 

“デキる”をお伝えするというテーマについて

 

この“デキる”の意味については、各々にお任せしています!
個人的には、いわゆる『デキる人間』というものは、健康に気を使い、常に自分が最高のコンディションで仕事に臨んでいるというイメージがあります。そうすることで、パフォーマンスを最大化してクオリティの高い仕事(一般的なものから、スポーツ、芸術、交渉や人間関係など)をこなせるものだと思っています。

実際、『時間がない』というのは、効率の良くないことをしているからだというのが、僕の意見です。
健康に気を使い、パフォーマンスを最大化することが、人生の質の向上につながるものだと思っています。

 

ちなみに、これはなにも、仕事に限ったことではありません。
自分が抱えている悩みなどを、僕が得た知見をみなさんが活用することで、“デキる”ようになるといったニュアンスも含まれています。そうなることで、新たな可能性が生まれ、いろんなことに挑戦できるきっかけとなると嬉しいです☆