メニュー 閉じる

「ワーカホリック?」「真面目すぎ??」リラックスが苦手な人たちの特徴

リラックスすると、むしろ落ち着かない…。
何かしている方が心が安心する……。

そう感じる人っていうのが一定数存在しています。
ワーカホリックにも似たような感覚ですが、基本的には心身の休養というものは必要です。そうとはわかっていながらも、リラックスすることを嫌う・避ける・苦手な人がいます。

生真面目なのか、ダラダラしている感じになるのでしょうかね?
僕はゆっくりしたいときはゆっくりしたい性格なのですが、今回は「リラックスが苦手な人の特徴」について解説していきます!

 

 

リラックスが苦手な人の特徴

 

これは2020年に公開された研究でして、「リラックスが苦手な人」の特徴をまとめて、「リラックス感受性指数」という21問の尺度を作成していったそうです。これを846名の学生でテストをおこない、その妥当性を確認していったそうです。

具体的には以下の21問となっていまして、それぞれに1点(まったく当てはまらない)〜5点(完全に当てはまる)の5件法で採点していくものとなっております。
この数値に関してですが「何点未満なら問題ありません」みたいな基準があるわけではありません。単純に「この質問に肯定するほど、リラックスが苦手な性格なんだなぁ」という解釈になっております。

質問の構成ですが、大まかに解釈すると以下のような感じになります。

 

  1. リラックス状態の自分を他者から見られることを嫌うパターン(完璧主義的な感じ)
  2. リラックス状態による身体の変化を嫌うパターン(実際的に筋肉が弛緩する感じ)
  3. リラックス状態によって「マインドフルネス=現在に意識が向いている」になることを嫌うパターン(過去や未来について考えていないと不安が増す感じ)

 

この質問を基に、自身の性格の判断材料として参考にしていってください。

 

 

■リラクゼーション感度指数■

 

1. 筋肉の緊張が解れる感じが怖い。

2. 体をリラックスさせようとすると、自己のコントロールを失うような気がする。

3. 体がリラックスしていると、他人から怠けているように思われるのではないかと心配になる。

4. 私がリラックスが苦手なのは、他人とのつながりがなくなってしまうように感じられるからである。

5. リラックスすると時間の感覚がなくなるような気がして怖い。

6. 体の動きがゆっくりになると、何か異常が起きているのではないかと不安になる。

7. 体をリラックスさせると、自分が魅力的ではないように見えるのではないかと不安になる。

8. 自分の体をリラックスさせると、愚鈍な人間に見えるのではないかと不安になる。

9. 瞑想のような活動は体に負担がかかるので、あまり好きではない。

10. 未来や過去ではなく、いまこの瞬間に集中すると不安になる。

11. 呼吸が深くなると恐怖を感じる。

12. リラックスが好きではないのは、自分をコントロールできなくなる気分になるからである。

13. 筋肉がリラックスするときの独特の感覚が嫌なので、マッサージを受けたくない。

14. リラックスしていると、宙に浮いているような感じがして怖い。

15. リラックスして手足が重く感じるのが怖い。

16. リラックスしているときに、音が大きく遠く感じることに恐怖を感じる。

17. リラックスしている状態を見られたら、人にからかわれるのではないかと不安になる。

18. リラックスしていると脳内のイメージがぼやけてきて、何か自分に問題があるのではないかと不安になる。

19. 呼吸に集中しているとなんだか恐怖を感じる。

20. リラックス状態は自分に隙が生じている感じがして怖い。

21. 私がリラックスを嫌うのは、思考速度が落ちてしまうのが嫌だからである。

 

 

【参考文献】
[Development and Initial Validation of the Relaxation Sensitivity Index]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です