メニュー 閉じる

【僕も不健康でした】本格的な健康に目覚めたきっかけ

みなさん、はじめまして!
この記事を書いているときは、豊島区在住の鍼灸師&ライターのB-MANABUです。
以前はアメブロにて記事を投稿していたのですが、ようやく自分のHPが一応の完成となりましたので本格的にこちらで投稿を致します。
アメブロは出張版として、1つのテーマに絞った投稿をしています。よろしければ、それらもお読みください♪)

 

鍼灸師になってから、お客様に鍼灸施術をしつつ健康情報を提供していたのですが、その情報というのがものすごく甘いものでした…。
今回は、そう思ったきっかけについてお話をしていきますので、どうぞよろしくお願い致します<m(__)m>

 

本格的な健康に目覚めたきっかけ

 

池袋の鍼灸院に勤めていたときの院長の影響が、本格的な健康に目覚めたきっかけです。
それまでは、何年かまえの情報や2次情報・3次情報を精査していないでお客様に伝えたり、書物やセミナーでの情報収集、海外で公開されている研究・論文・レビューを調べることがありませんでした。

 

まったくもって恥ずかしい(ーー゛)

 

それに、肝心の自分自身が、それほど健康に気を使っていない・うわべの健康をおこなってきたということがわかりました。
なぜなら、そのことを証明するかのように、僕の体に表面化してきたからです。

 

不健康たる所以がこちら

 

たとえば、私の以前の右手の写真をお見せします。

2014年4月の僕の右手

職業柄、消毒をする機会が多いのですが、このときはスーパーの安売りしている弁当や菓子パンばかり食べていたからこのあり様になったかもしれません(汗)
見た目通り、ボロボロです。。。

池袋に勤めていたときの院長のススメで本格的な健康に目覚めることになり、このときに取り組んだのが、以下のことです。これらのことも、院長からの学びで編み出したものです。

 

  • 小麦をほとんど食べない
  • 極力自炊をする(弁当も作り、おかずも自分で作ったもの)
  • オメガ3脂肪酸を積極的に摂る(魚やインカインチオイルなど)
  • ビタミンA・C・Eを積極的に摂る

 

グルテンに関しては諸説ありますので何とも言えませんが、確実に言えることは、菓子パンを食べなくなったことで『マーガリンを抜いた』というところと、糖質過多にならなかったことですかね。
加工食品やオメガ6脂肪酸で体がボロボロだったので、自炊とオメガ3で抑制…。
皮膚の再生や抗酸化目的でビタミンA・C・Eを摂取するといった具合です。

これはあくまで僕がおこなった健康法なので、参考程度にしてください。
これにより、僕の右手は以下のようになりました!

2015年1月の僕の右手

およそ9ヶ月で、スッキリキレイになりましたね。
肌は最も表面に出ている内臓・内臓を映し出す鏡と言われていますし、これだけキレイになっていれば、内臓もさぞおキレイでしょうねぇ~~…。

 

 

自覚がないかもしれませんが、僕も含め、みなさんも知らないうちに体がボロボロになっていることがあります。
また、健康はなにも体だけではありません。
近年の科学では、心や人間関係でも、僕たちの体はボロボロになってしまうことがわかっています。

僕のブログでは、『肉体(ダイエットやアンチエイジングなど)』『精神(マインドやメンタルテクニックなど)』『社会(仕事や人間関係など)』に関する健康情報をわかりやすく伝えていきます。
たとえば、アンチエイジングや健全なマインドの持ち方、効率的な仕事の仕方をお伝えしていきます。というより、健康に結びつくものなら、なんでもお伝えします。
そして、健康になることで、みなさんが“デキる人間”になってほしいと思っています。

とはいっても、堅苦しくならないよう心がけて書きますので、楽しく読んでいただけると嬉しいです(●^o^●)

 

ちなみに、、、。
以下が、世界的な『健康』の定義です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

健康の定義についてWHO憲章では、その前文の中で「健康」について、次のように定義しています。

Health is a state of complete physical, mental and social well-being and not merely the absence of disease or infirmity. 

健康とは、病気でないとか、弱っていないということではなく、肉体的にも、精神的にも、そして社会的にも、すべてが
満たされた状態にあることをいいます。(日本WHO協会訳)
[参考文献:公益社団法人日本WHO協会]

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です