メニュー 閉じる

12,273人分のデータで判明した長続きする【男女の関係】

以前のブログでかなりバズったので、今回の「社会的に満たす」も男女の関係についてお話していきます(笑)
前回の男女の関係についてのブログはコチラ!

↓  ↓  ↓

【豆知識】男女の友情の実態についてひも解く

あくまでも科学的見地からお話をしていきますので、万人に通じることではなので悪しからず…。
結局のところ、各々の性格にもよりますし、経験から基づくものの方が信用性があるときがありますので、参考程度がちょうどいいかもしれません。

 

今回は、長続きする恋人や夫婦の維持の仕方についてお話をしていきます。

当然ですが、恋人とはずっと長く続いた方が良いですから、その可能性を高めた方が良いはずです。
なので、今回のブログを参考に、恋人や夫婦と良い関係を維持していきましょう♪

 

 

メタ分析で見る男女の関係を長続きさせる方法

 

科学的に信ぴょう性が比較的高い、男女の関係の維持の仕方についてお話していきます。
観察研究のメタ分析ですので、参考にするには十分な内容です。

2012年に出たイリノイ大学の論文で、人間関係を維持する研究から35件抜き出して12,273人分のデータをまとめたものをご紹介します。
男女の関係を維持する方法は数多くあるのですが、その中でも有力な5つのポイントがあるそうなので、まずはその5つのポイントを実践してみると良いかと思います。

簡単にまとめた内容ですので、詳しくは論文をどうぞ!

 

透明性

 

なにより重要なのが『お互いの関係における透明性』です。
主に、2人の感情を理解することを意味しています。

自分の感情をパートナーに伝えることも大切ですが、パートナーが抱いている感情を自分に話してくれるような話し方であることが大切です。

 

 

ポジティブ

 

2人の関係において、なにより楽しい関係であることが大切です。

パートナーとのコミュニケーションは、とにかく前向きに振る舞うことを意識していきましょう。

 

 

保証

 

2人の関係は長く続くことを示すことです。

これは態度だけでなく、言葉でも明確に伝えることが重要です。

 

 

タスクシェア

 

2人の役割を均等になるように分担することです。

どちらかが重荷にならないように、責任がきちんと公平になるように分担することが大切です。

 

 

ソーシャルネットワークシェアリング

 

パートナーに自分の家族や友達を紹介することです。

自分の家族や友達を紹介することで、パートナーを信頼するようになります。

 

 

 

このことについては、研究者は以下のようにお伝えしています。

人間関係は車のようなもので、常に意識して操縦し続けねばならない。特にパートナーとの絆を強めるのが目的ならばなおさらだ。

しかし、これら5つの戦略をひとつでも実践する人は、自分たちの関係に満足するだけでなく、愛情の感覚も続く傾向が見られた。

あなたは、パートナーに対して自分たちの関係が長く続くものだと確証を与えなければならない。そのためには、家事を分担してやり、日々の責任を等しく分かち合い、さらにはあなたのパートナーの友人や家族とも時間を過ごす必要がある。

あなたは自分の努力をちゃんと相手に見せつけねばならない。それは、どんな小さな事でもいい。

 

この5つのポイントのどれかを実行するだけでも大分違うそうで、とにかく「パートナーが自分のために何かをしてくれている」という感覚を与えることが大切とのこと…。
それがどんな小さなことでも、パートナーは嬉しいものだそうです。

研究者は、具体例で以下のことを提案してくれています。

相手に「今日はどんな日だった?」と聞いてもいい、パートナーが好きそうな面白い動画を送ってみてもいい、義父や義母に連絡して見るのも、二人の関係に幸せな影響をもたらすはずだ。

 

 

 

2,744人に聞いてわかった嫌われる異性の特徴

 

今度は、パートナーに嫌われる特徴をお話していきます。
2人の関係を維持するためにも、これだけは避けておいた方が良さげな感じです。

2015年に出たシドニー大学などの研究で、男女の比率を同じにして、まずは92人の学生に「どんな異性が嫌ですか?」と質問して、異性に嫌われる要因を作り上げます。全49タイプの要因を抽出し、今度は295人の学生に対して「あなたは、どの特徴が一番嫌いですか?」と質問しました。

その結果は以下のとおりです。
ランキング形式でまとめていまして、ワースト1位から順番に書いています。

 

 

恋人にしたくない異性の特徴

 

  1. 健康的な問題を抱えている(特に性感染症)
  2. 臭い
  3. 不潔
  4. すでに結婚している、または別の彼氏/彼女がいる
  5. 怒りっぽい、または下品で言葉遣いが悪い
  6. 夜の営みが下手
  7. ルックスが悪い
  8. 複数の相手と何股もかけている
  9. 自分の体を大事にしていない
  10. 絶対に自分の意見を曲げない

 

 

結婚したくない異性の特徴

 

  1. 怒りっぽい、または下品で言葉遣いが悪い
  2. 複数の相手と何股もかけている
  3. 信頼性がない
  4. すでに結婚している、または別の彼氏/彼女がいる
  5. 健康的な問題を抱えている(特に性感染症)
  6. アルコールの問題を抱えている
  7. 思いやりがない
  8. 不潔
  9. 臭い

 

簡単にまとめますと、短期的な関係ですと『清潔感』が重要で、長期的な関係ですと『信頼感』が重要だと言えそうです。どちらにせよ、最低限必要な『清潔感』だけはしっかりしておきましょうか…。

 

この研究では2744人の独身男女にも調査していて、全員に「異性に嫌われる17の特徴」を提示したうえで、「どの特徴が一番嫌いですか?」と質問したそうです。

その結果は以下のとおりです。
こちらも、ワースト1位から順番に書いています。

 

異性に嫌われる17の特徴

 

  1. 不潔・服装がだらしない(67%)
  2. 怠け者(66%)
  3. 貧しすぎる(63%)
  4. ユーモアのセンスがない(54%)
  5. 会うために3時間以上かかる場所に住んでいる(49%)
  6. 夜の営みが下手(コミュニケーションが下手)(47%)
  7. 自信がない(40%)
  8. テレビの見過ぎ/ゲームのやりすぎ(33%)
  9. 性欲が低い(33%)
  10. 自分の意見を曲げない(33%)
  11. しゃべりすぎる(23%)
  12. しゃべらなすぎる(14%)
  13. 無愛想(14%)
  14. 子供を欲しがらない(14%)
  15. すでに子供がいる(14%)
  16. 体がたくましすぎる(9%)
  17. 体がたくましくない(6%)

 

こちらでも『清潔感』に関わる要因がランクインしています。
あとは、生活レベルに関係する要因が並んでいます。

このランキングですが、これは性差は関係なく、男女ともに嫌われる特徴です。
また、元ネタが「人間関係破壊要因」ですので、男女の関係だけでなく同性間でも当てはまります。
そして、この要因がたくさん当てはまるほど、恋人もそうですが友人もできにくいと言えます。

 

 

 

 

男女の関係を維持するためにも、キチンとしたコミュニケーションが必要ですね…。

どんな小さなことでもシェアし合って、喜びを分かち合うことが科学的に有効な関係の維持の仕方なのでしょう。
あとは嫌われないように、清潔感を保ち、信頼できる人間であることを意識することでしょう。

 

科学的に言われていることですので、まずは参考にすると良さげです。

内容的にも「やっぱりなぁ…。」という感じがありますので、これを基準に関係性維持を工夫してみましょう。
困っていることがありましたら、まずはこれを実践すると上手くかも☆

 

 

【参考文献】

[A meta-analytic review of relationship maintenance and its correlates]

[Relationship dealbreakers: traits people avoid in potential mates.]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です