メニュー 閉じる

自分をコントロールするには姿勢を正すといいよ!

これまた姿勢の話☆
以前のブログでも姿勢にまつわる内容を書いたので、よろしければどうぞ!

姿勢を正すことは、見た目の美しさ以外にも、意志力の改善にも役立ちます。
たとえば1999年の実験では、被験者たちに姿勢が崩れていると気づいたらすぐに姿勢を正すようお願いしたところ、2週間後には意志力テストの結果が劇的に上がったことがわかっています。

なので、姿勢を正すことを意識することは、僕らのメンタル維持に大変有効なのです!
もし気になることがありましたら、どうぞご相談くださいませ♪

 

 

背筋を伸ばすとメンタルが強くなる

 

オークランド大学の論文で、61名の男女を対象にした実験があります。
まずは抑うつテストで全員のメンタルを調査して、気持ちが落ち込んでいる人だけを選抜して取り組んだようです。

 

被験者を

 

  • 姿勢改善グループ
  • 比較対象グループ

 

に分けて、姿勢改善グループには以下のような指示を出しています。

 

  1. まっすぐ正面を向いて背筋を伸ばし、両肩の高さを水平にする
  2. 次に頭のてっぺんを天井に向け、肩甲骨をゆっくり下ろす

 

この状態で「人前で5分間スピーチ」や「1,022から13ずつ引いてカウントしていく」といった、ストレスが大きくかかる作業をしていきます。
そのうえで、被験者のメンタルにどのような変化が起きたか見ていったというわけです。

 

結果なのですが、姿勢改善グループには『疲労感が減り、モチベーションが上がる効果がみられた』とのこと。

以前のブログで参考にした実験でも、背筋を伸ばすことでメンタル関係の改善が見られているので、この実験の結果にも信ぴょう性があるものかと思いますね。
また、姿勢改善グループの被験者はスピーチの際に「一人称」(「私は」や「自分は」など)の使用率が下がっていて、被験者の注意が自己から離れてネガティブな気分が低下している様子です。

不安やうつ傾向の人は注意が自分に向いてしまうので、姿勢改善が適度に自分に向いた注意をほぐしてくれるようです。

 

 

 

 

気分が落ち込んでいるなら、姿勢を正して心身ともに前向きにすると良いでしょうね!

筋肉が凝り固まってしまうと、脳がそれを普通と思ってしまうので、それも改善することも大切…。
僕は鍼灸整体をしていますので、そういったことなら対応可能です!

もしお困りなら、どうぞご相談くださいませ☆

 

 

【参考文献】

[Longitudinal improvement of self-regulation through practice: building self-control strength through repeated exercise]

[Upright posture improves affect and fatigue in people with depressive symptoms]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です