メニュー 閉じる

肥満防止の魔法の飲み物がコレだ!…という動物実験の話

今回はちょっとした小話を1つ紹介します。

巷では「実はコチラ、ダイエットに大変有効なサプリでして~…」という広告が出回っております。
そういったものの実際はさておき、「この飲み物が肥満防止に役立つ…かも?」があります。

どうぞ、参考にしていってください♪

 

 

肥満防止に有効かもしれない飲料について

 

これは2020年にでたコロラド大学デンバー校の実験でして、まだマウス実験の段階ながら「水を摂取するだけでも肥満と糖尿病の予防になるのでは?」というデータが得られたそうです。

実験内容ですが、

 

  1. マウスに果糖を与え、バソプレッシンというホルモンの変動を観察する
  2. バソプレッシンが増えたマウスが、その後どうなるかを観察する

 

バソプレッシンとは抗利尿作用(尿の排出を抑えること)のあるホルモンで、体内の水分を調整するホルモンの一種です。
原因がわからないものの、肥満や糖尿病の人ほど体内のバソプレッシンが多いことが以前からわかっていまして、なにか悪影響を与えているのではないか?と言われてきております。

 

実験の結果なのですが、

 

  • 果糖を摂取したマウスはバソプレッシンが増加し、体内の水分を脂肪として蓄え始めた
  • その後、ただの水をマウスに与えたところ、肥満が改善された

 

ということがあり、肥満や糖尿病の一因は、バソプレッシンの活性にあるのではないかという推察ができますね。
研究チームは、

糖質がメタボリックシンドロームを促進するのは、バソプレッシンの活性化が一因である。
バソプレッシンは、水分を蓄えるメカニズムとして脂肪の生成を促進すると推察される。

肥満とメタボリックシンドロームの治療においては、水分補給と減塩の潜在的な役割を考慮する必要があると思われる。

 

 

マウス実験の話なので、ヒトにそのまま当てはまるか分かりませんし、不明な点は多いです。
とはいえ、肥満の人ほど脱水症状が多いという事象はよくありますし、塩分の多い食事で肥満や糖尿病が起きやすい理由のひとつにもなる可能性があります。

 

 

 

 

過去のブログでは「水の摂取量が多くなると不健康な飲食から遠ざかるからオススメ!」と書きましたが、もしかすると、体内の水分量が肥満や糖尿と関連している可能性がありますね!

もちろん、人間にも言えるかはわかりませんが、脱水状態にならないよう気を配るのはしておきましょう。
単純に水分補給はしっかりすれば健康になれますから、日ごろから水を飲む習慣を身に付けるのが良いです。

僕の場合、飲み過ぎて、お腹がゆるくならないようにしないと(笑)

 

 

【参考文献】
[Vasopressin mediates fructose-induced metabolic syndrome by activating the V1b receptor]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です