メニュー 閉じる

「質の良い睡眠」はダイエットにどれくらい有効なのか?!

正しい生活習慣を送ることで、僕らは健康的な心身を手に入れることができます。
それは、ダイエットを成功させる方法のひとつでもあります。

その正しい生活習慣の1つに、睡眠も、もちろん含まれております。
今回は『「質の良い睡眠」はダイエットにどれくらい有効なのか?!』について解説していきます。「夏までに自分至上最高のカラダを手に入れるぞ!!」って言う人は、どうぞ参考にしていってください!

ていうか、何をするにしても、睡眠は大事なワケなんですけどね♪

 

 

どうして睡眠不足で太ってしまうのか

 

「睡眠不足は肥満のもと」というのは、昔からよく言われています。
睡眠不足で肥満になってしまう原因には、大きく2つあり、1つがホルモンバランスの乱れによる食欲増進の問題です。

2008年の実験では、被験者たちに1日4時間睡眠の生活を5日間ほど続けてもらったところ、普段よりも摂取カロリーが20%も増加したというデータが得られたそうです。これは、睡眠不足によってインスリン・コルチゾール・レプチンといったホルモンのバランスが崩壊してしまったことが起因となっております。いずれも食欲や代謝をコントロールする作用があり、肥満体型な人の多くは、これらのホルモンが乱れてしまっているケースが多いです。

 

もう1つがドーパミンの問題です。
ドーパミンは「報酬系」のホルモンで、やる気や快楽をコントロールする脳内物質です。これは食欲にも大きく関わっていて、おいしい食べ物を口にすることでドーパミンが分泌され、脳が充足感で満たされるのです。

しかし、2014年の実験によって、睡眠不足が脳の構造に変化を起こし、ドーパミンに対する反応が悪くなってしまうことが判明しました。これは、睡眠不足が続くことで、人間の脳はどんなに食べても満足感が得られないように変わってしまうということです。

つまり、

 

  1. 睡眠不足が続く
  2. 脳が食事に満足しにくい状態になる
  3. おいしいものが食べたくなる
  4. 食事中毒に陥る

 

ということになるのです。

 

 

睡眠の質を改善によるダイエット効果

 

続いて、2022年に出た「良質な睡眠をとることで、どれくらい痩せることができるのか?」を調べた実験があるのでご紹介します。

これは80名の成人を対象にした試験でして、実験開始時から太っていて、普段の睡眠時間が6時間半ほどの人のみを選抜したそうです。実験では、被験者全員に睡眠計を装着してもらい、定期的にカウンセリングをした上で、睡眠時間を平均2時間増やしてて8時間半にさせたそうです。

実験期間は4週間、そのあいだは被験者には自分のベッドで寝てもらい、食事は普段通りのものを続けるように指示しました。そして、そのあいだの変化を尿検査などで計測していったそうです。

 

結果なのですが、

 

  1. 良質な睡眠をとっている人は、1日平均270kcalの摂取カロリーを減らすことができ、中には1日500kcalを減らすことができた人もいた
  2. この睡眠習慣を維持することで、3年間で約11kgの減量につながる可能性がある

 

睡眠の質を改善することで、なんと最大500kcal抑えることができることに驚きです。
反対に、睡眠の質が悪くなると、最大500kcal増加するという見かたもできるわけですが…。

研究チームは

多くの人物が、体重減少のために摂取カロリーを抑える方法を懸命に模索している。
しかし、より多く睡眠をとることで、大幅な体重減少を狙えることができる可能性がある。健康的な睡眠習慣が長期間にわたって継続されれば、臨床的に重要な体重減少につながるだろう

 

と述べています。

たっぷりと、質の良い睡眠をとるだけで摂取カロリーを抑えることができるのなら、やった方が得ですなぁ!
健康の基盤は睡眠なので、改めて睡眠の重要性を知ることができました☆

 

 

【参考文献】
[Influence of partial sleep deprivation on energy balance and insulin sensitivity in healthy women]
[Striatal dopamine D2-like receptor correlation patterns with human obesity and opportunistic eating behavior]
[Effect of Sleep Extension on Objectively Assessed Energy Intake Among Adults With Overweight in Real-life SettingsA Randomized Clinical Trial]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。