メニュー 閉じる

【迷信かも?】実はあまり効果がない便秘対策

僕も、たまに1日に1回の便がでないことがあります(汗)。

そんなときは「そんな日もあるのだろう…」という気持ちで心を落ち着かせています。
とはいうものの、自己研鑽をしている身としては、美容のために1日に1回は出しておきたいものです。

しっかりと便を出すためにも、基本的な対策は必要かもしれません。

 

今回はネガティブな側面から見る『便秘対策』です。

実のところ、以下の2つはあまり効果がないことがわかっています。
念押しですが、こと便秘対策に関して言えば『あまり効果がない』ということです。基本的に、普段から以下の2つはしっかりやっておいた方が良いのは間違いありません。

もちろん、ちゃんとした便秘対策は用意していますので、そちらもお読みください☆

 

 

意外と効果がない便秘対策2選

 

以下の2つは、実のところ、あまり効果がないことがわかっています。

前述のとおり、普段から実行していた方が健康には良いのですが、便秘へのアプローチにはなりません…。
便秘に効果がありそうなイメージですが、残念ながら、便秘の改善を目指すならこれら以外のことをしていくと良いですね。

科学的な根拠もありますので、それらを基にご理解をお願いします。

 

 

 

水分補給

 

便が乾燥していると便秘になりやすいのですが、だからといって水分補給をすればお通じがよくなるかというとそういうわけではなかったというわけです。

2013年に出た、10,914人の男女を対象にした研究では、

 

  • 第一に、水分と便秘解消の関係性を調査した実験が少なすぎる
  • ただでさえ実験数が少なく、内容も水だけでなくミネラルオイルやマグネシウムを併用しているので、水分だけの効果が特定できない

 

エビデンスレベルが低く、サンプル数が少ないのではっきり断定できないのです。
WebMDが出している、今のところの結論は以下のとおりです。

 

  1. 便秘になってから大量の水を飲んだとしても解消にはつながらない
  2. 脱水は便秘の原因にはなるので、普段から水分補給を欠かさないこと

 

普段から水分補給をしていれば便秘防止にはなるものの、便秘になった後からでは遅いというわけです。
なので、普段からちゃんと水分は摂っておきましょう!

目安になる水分量は、過去の僕のブログにも書きましたが、『ノドが乾いたときにお水を飲む』くらいで大丈夫です。

 

 

 

運動

 

健康には良いのは間違いない運動ですが、こと便秘に関して言えば必ずしも効果があるわけではありません。
運動をすると腸の蠕動運動が活発になりそうではありますが、そうではない様子です。

2013年に便秘に悩む100人の男女を対象に調査した研究だと、「運動レベルと便秘改善には関係性がない」という結論を出しました。一応、2005年の調査では、便秘に悩む140人の男女に軽い有酸素運動を指示したところ、「便秘は改善しないものの、生活の質が向上した」という結果がでています。

便秘そのものには効果がないようですが、便秘の不快感を抑える可能性があるかもしれません。

 

 

 

便秘対策に有効な飲み物

 

上記の2点は、便秘に関して言えば効果はありませんが、次に取り上げる飲み物はメタ分析によってその効果が実証されています。確実に成果を出すには、この飲み物を摂取していきましょう。

参考にしているのは、2018年に出たコンケン大学などが行ったメタ分析です。
過去の「コーヒーと腸手術に関する研究」から信頼性が高い6件をまとめた内容で、実は昔からコーヒーは腸の動きを刺激する効果が高いことがわかっていたことから、このメタ分析はおこなわれたというわけです。

 

この研究では601人分のデータを処理し、以下のことがわかりました。

 

  • 術後にコーヒーを飲むと、腸が動き出す時間が9時間ほど早くなる(CI: -16.97〜 -2.99)
  • 術後にコーヒーを飲むと、退院の時間が18時間ほど早くなる(CI: -1.14 〜 -0.33)

 

コーヒーを飲むことで、明確に腸の運動が良くなることがわかる結果です!
そこで、コーヒーを飲むことでどれくらい便秘が改善されるのかですが、1990年に出たロイヤル・ハラムシャー病院の調査を基にお話していきます。

 

99人の健康な男女を対象にした実験によると、コーヒーを飲むことで以下のような結果が出たそうです。

 

  • 全体的の29%がコーヒーを飲んでから20分以内で排便が誘発された
  • コーヒーの便秘改善効果は男性が19%で、女性が53%と、特に女性の方が効果が大きい

 

個人差は当然ありますが、特に女性にはオススメの便秘改善方法と言えます。

ちなみに、コーヒーの改善効果は飲んでから15〜20分後で頭打ちになり、1時間後にはほぼ消失するようです。
なので、1時間以内で効果がないのなら、その人には効果がないかもしれません…。

 

 

 

 

もし便秘でお困りなら、お水よりもコーヒーを飲むのが効果的です。

特に女性には効果バツグンですので、良く分からないものを試すよりかは、コーヒーを飲むのが良いでしょう…。
もちろん水も運動も健康には大事ですが、便秘に関して言えばそれほど期待できないというだけです。この2つは日常生活には必須なのは言うまでもありません。

あと、便秘もそうですが、心身の変調でお困りなら、どうぞ僕を頼ってください!
お気軽にお問い合わせからご質問ください。
鍼灸施術もおこなっていますので、そちらも承ります☆

 

 

【参考文献】

[Association of Low Dietary Intake of Fiber and Liquids with Constipation: Evidence from the National Health and Nutrition Examination Survey (NHANES)]

[How Drinking Fluids Can Help You Manage Constipation]

[Stool patterns of Malaysian adults with functional constipation: association with diet and physical activity.]

[Is constipation associated with decreased physical activity in normally active subjects?]

[Effect of postoperative coffee consumption on gastrointestinal function after abdominal surgery: A systematic review and meta-analysis of randomized controlled trials]

[Effect of coffee on distal colon function.]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です