メニュー 閉じる

1日に摂るポリフェノールの『ベストな量』について

ポリフェノールはアンチエイジングはもちろん、大まかに言えば健康にとって重要な成分ですね。

僕のブログでもチョコチョコ書いていますし、僕なら毎日ココアをプロテインと一緒に摂っております。
ちなみに、こんな感じのものです。

↓  ↓  ↓

 

こちらはamazonさんやiHerbさんで購入可能です。
実験がてらでいろいろ試していった方が良いとは思うのですが、気にいったら買い続ける性分でして、なかなかそんな気分にならないのが僕です(笑)。

このココアは品質や価格を考慮するとかなり優秀だと思うので、これでも十分かと思っています。
でも、探せばけっこう良いものがみつかるかも♪
ココアの魅力は過去にも書いておりますので、そちらを参考に!

 

今回ですが、ポリフェノールが健康に良いのはわかったけど『どれくらい摂ればいいの?ベストな量は??』という疑問に答えていこうかと思います。

摂れば良いのはわかっても、健康にキチンと反映される量をとる必要がありますからね。
それを知って初めて、健康にありつけるものでしょうな!

どうぞ参考に♪

 

 

1日に摂った方が良い最適なポリフェノールの量について

 

2014年に出たバルセロナ大学の論文がありまして、こちらを基に解説していきます。

この論文ですが、7447名の男女を平均4.8年ほど追いかけた研究でして、ポリフェノールの摂取量と死亡率の関係を調査していったものとなっております。
結論なのですが、結局のところ明確な答えが出ていないのが現状ですね…。

 

とはいうものの、この調査では1日1,235mgのポリフェノールを摂取することで死亡率が最も低下するとのこと。

1日にこの量を摂ることで、ポリフェノール摂取量が少ない人と比較してあらゆる原因による早期死亡率が37%低下するそうですよ!
1日1,235mgの量ですが、これがどれくらいの量かというと、

 

  • ココアなら30g(大さじ6杯ほど)
  • ブルーベリーなら100〜150g(スーパーやコンビニで買える1袋ほど)
  • ナッツ類なら100g(ナッツの種類によって量が変わる)
  • ダークチョコレートなら200g(板チョコ4枚ほど)
  • 赤ワインなら360ml(グラス2杯ほど)
  • コーヒーなら380ml(カップ2杯ほど)
  • 緑茶なら500ml(ペットボトルを2本ほど)

 

大体ではありますが、およそこれくらいが目安となっております。
ナッツやチョコだとカロリーが気になりますが、コーヒーや緑茶なら気軽かつ簡単に摂取できるものかと。

気になるのが「ポリフェノールを摂りすぎると、どうなるの?」という疑問。
これについてですが、僕が調べた限りでは、ポリフェノールを摂り過ぎたらどうなるかを調べた研究がみつかりませんでした…。

なので、今のところ、ポリフェノールの過剰摂取についてはハッキリとしていません

 

 

 

 

どうしてポリフェノールが健康に良いかというと、これは『ホルミーシス』の考え方によります。
簡単に申し上げますと、「身体に弱いストレスを与えることで元気になろう!」という方法です。筋トレも、おおむねこの考え方によるものです。

 

  1. ポリフェノールが身体に軽いストレスを与える
  2. そのストレスに対抗するために細胞が活性化する
  3. アンチエイジングになる!身体が健康になる!!

 

みたいな流れです。
人間にとってはポリフェノールは「弱い毒」でして、もしかすると過剰摂取はよろしくないかもしれません。

「何事も中庸が大事」なので、ポリフェノールも適量が一番かもしれませんね☆

 

 

【参考文献】

[Polyphenol intake and mortality risk: a re-analysis of the PREDIMED trial]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です