メニュー 閉じる

22,000名分のデータを解析して判明した無敵の説得術『BYAF法』について

『健康=幸福』なもので、人生を豊かにする方法についても解説しております。
過去の僕のブログでは、

 

 

といった、相手を説得する方法も範疇に入っております。
今回は、そんな説得術のなかでも無敵な説得術『BTAF法』について解説していきます。

 

 

心理学的に無敵な説得術『BYAF法』について

 

これは2012年に出た西イリノイ大学の研究でして、過去におこなわれた「説得術に関する研究」から、質が高い42件をまとめたメタ分析となっております。約22,000名分のデータがあり、信ぴょう性としては非常に高い分類です。

その結論として出たのが、『BYAF法が有力である!』ということ。
BYAF法とは、「しかし、あなたは自由です(But You Are Free)」の頭文字からつけられたもの。人を説得、ないしお願いをするときに、最後にBYAFを付け加えることで相手が肯定的な反応をしてくれる確率が2倍も上がるとのこと。

 

実験内容だと、「寄付をしてくれる確率が上がる」や「アンケート調査に協力してくれる確率があがる」そうです。
例を出していくと、

 

  • 「寄付を募っております。金額はあなたにお任せします」
  • 「アンケート調査にご協力をお願いします。もちろん、これは任意です」

 

といった使い方をしていきます。
BYAF法のポイントは「相手の意思を尊重する(ような表現にする)」ことで、そのポイントをおさえておけば、特にフレーズは気にしなくても良いのです(「しかし、あなたは自由です」なんて言葉をそのまま使わなくても良いってこと♪)

 

 

■使えるフレーズ一覧■

 

  • あなたにお任せします
  • これは任意です
  • あなた次第です
  • お好きなようにしてください
  • 自分で決めてください
  • あなたの意志を尊重します
  • あなたのタイミングで構いません
  • 自由にお選びください
  • 権利はあなたにあります
  • 判断はあなたに委ねます

 

 

 

 

人間の心理として「コントロール感が大好き!」というものがあります。

それに、自分の自由を奪われようとすると、人は反発したくなるものです。
なので、このデータの結論は当然ともいえます。ルールも簡単なので、非常に使いやすくて便利で効果的なら言うことないでしょう!

仕事をしていると、相手の意志に委ねるのは勇気がいりますが、そこは「しかし、あなたの自由です」と相手の意志を尊重しましょう☆

 

 

【参考文献】
[A Meta-Analysis of the Effectiveness of the “But You Are Free” Compliance-Gaining Technique]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です