メニュー 閉じる

【ダイエットや仕事の為にも!】セルフコントロール能力を2倍引き上げるお手軽な方法とは?

ダイエットにせよ仕事の成功にせよ、セルフコントロール能力(忍耐やらガマンやら)が大事!

僕はダイエットなどの健康コンサルも仕事の範疇なのですが、やっぱりセルフコントロール能力の重要性を感じることがかなりあります。
この能力のことで有名なのが「マシュマロテスト」ですが、この内容がすべてではありません。「意志力のある人の特徴」をマネすることが近道の1つだと思うので、よろしければ参考にしていってください!

今回は、そんな『セルフコントロール能力を2倍引き上げるお手軽な方法』について解説していきます。
為になる情報ですので、どうぞお時間をください♪

 

 

『ピアプレッシャー』によるセルフコントロール能力向上について

 

これは2018年に出たコロラド大学ボルダー校の研究でして、マシュマロテストとほぼ同じ条件のもとで追試をおこなったものですが、それにアレンジを加えています。

それは、効果を検証するグループには、

 

  1. 子供たち(3~5歳)に同じ色のTシャツを着てもらう
  2. 子供たち全員に「同じTシャツを着た子供の写真」を見せて「この子たちはマシュマロをガマンできるんですよ」と伝える

 

これが、今回の研究の要です。
これにより、「君たちと同じこの子たちがマシュマロをガマンできたんだから、もちろんガマンできるよね~」という意味を含めたプレッシャーをかけていったわけですね。

 

この実験の結果なのですが、なんと『「ガマンできた」と言われた子供は、そうでない子供と比較して、マシュマロをガマンする確率が2倍になったそうです!
これに研究チームは、

子供たちのセルフコントロール能力は、彼らが生まれ持った能力だけに左右されるわけではない。
実際には状況や環境が重要で、周囲の人間がどんなことをしているのかが、実は非常に重要なのだ。

 

 

これは、心理学でいう『ピアプレッシャー(同調圧力)』を活用して、セルフコントロール能力を引き上げるというものです。

ピアプレッシャーは、職場やチームなど集団における秩序を保とうとする同化作用により、仲間との相互監視によって生じる圧力のこと。人間にはこういう心理を持っているものなのですが、この心理を使うことで、手軽にセルフコントロール能力を上げることができるのです!

 

 

 

 

研究チームの言葉を借りますと、僕らは、よく「セルフコントロール能力を「意志力」の問題だ!」と考えてしまいやすいそうです。
生まれ持った才能で決まる「不思議な能力」のように捉えるようですね…。

だけど、現実ではセルフコントロール能力は変えることができます。
人間は、新しい状況ならセルフコントロール能力の使い方を学ぶことができますし、社会的な理由があったほうがその影響は深まります。

だから、セルフコントロール能力は人間が持っている『ピアプレッシャー』という心理を上手く使って、ラクに良い方向に変化させることができます。なので、もし成し遂げたいことがあるのなら、セルフコントロール能力が高そうなコミュニティに参加するのが良いんじゃないかなぁ~~☆

 

 

【参考文献】
[Group Influences on Engaging Self-Control: Children Delay Gratification and Value It More When Their In-Group Delays and Their Out-Group Doesn’t]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です