メニュー 閉じる

【才能 vs 努力】ロールモデルとして優秀なのはどちらなのか!

ロールモデルは、なにか習慣づけるにはもってこいの方法です。

歴史上の人物や尊敬しているスポーツ選手、身近なところだと職場の上司や憧れの先輩などが候補ですね。
参考になる対象を思い描くことで、習慣や仕事効率、目標達成が容易になるので、ロールモデルはオススメの方法の1つとなっております。

では、ロールモデルの対象として「才能型の人と努力型の人、どちらがロールモデルとして優秀なのか?」が気になるところ。「天才を参考にしたって意味がないのでは?」なんて声もありそうなので、科学的にはどうなのかを解説していきます。

どうぞよしなに…。

 

 

「アインシュタインとエジソン」2人のロールモデルによる比較

 

これは2020年に出たペン州立大学などによる研究でして、3つの実験をとおして「モチベーションが高まりやすいロールモデル」について調べております。

具体的には、まず1つめの実験では176名の男女を集めて、チームが用意した科学者の伝記を読むように指示していったようです。その内容が「ある科学者は、キャリアのあいだに複数の困難や失敗に見舞われましたが、どうにか努力を重ねて成功しました。」という、誰にでも当てはまるようなものです。

ですが、研究チームは被験者を2グループにわけまして、

 

  1. 「さきほどの伝記は『アインシュタイン』の話です」と伝える
  2. 「さきほどの伝記は『エジソン』の話です」と伝える

 

と、同じ伝記でも違う人物の人生だと伝えていったようです。

この2人を選抜したかと言うと、一般的にアインシュタインは「才能の人」だと言われていて、エジソンは「努力の人」だと言われているからです。この実験の要は、生まれながらの天才と、何千何万の失敗を積み重ねて発明をした努力家のどちらがモチベーション向上につながるのかを調査したというところです。

 

すべての被験者には「自分の才能についてどう思っているのか?」というアンケートに答えてもらっていまして、

 

  • 優秀な科学者になれるのは天才だけだ
  • 科学に向いていない人も存在する
  • 知性は生まれつき決まり、後天的には変えられない

 

などといった質問に、どれだけ賛同できるかを評価していきます。
さらに、数学の問題をいくつか解いてもらい、被験者全員がどのような解決のアプローチ方法を選択したかもチェックしていったそうです。

実験の結果ですが、以下のような傾向が見られたそうです。

 

  • 「エジソンの伝記」だと伝えられたグループは、「成功には特別な才能は必要ない」や「知性は後天的に変えられる」と思う傾向にあった
  • その影響により、「エジソンの伝記」だと伝えられたグループは、数学の問題でも良い成績を出す傾向があった(約23%増)

 

どうやらエジソンのような努力型のロールモデルは、成長マインドセット(自分は変えられる!…といったもの)になり、モチベーションが高まりやすいそうです。

 

2つめの実験では162名の被験者を用意して、

 

  • 「アインシュタインの伝記を読んでもらいます」と伝える
  • 「マーク・ジョンソン(架空の人物)の伝記を読んでもらいます」と伝える

 

というように、1つめの実験と同様に伝記を読むように指示していったそうです。
すると、こちらの結果も1つめと同様、架空の科学者の伝記を読んだグループほど成長マインドセットとなり、数学テストの成績が向上したようです。つまり、「有名な天才科学者」よりも「努力の無名科学者」の方がロールモデルとしては優秀かもしれません。

3つめの実験は、前述の2つの実験を補完するような内容で、288名の被験者に

 

  • アインシュタイン
  • エジソン
  • マーク・ジョンソン

 

では、どちらがロールモデルとしてもっとも優秀かを調査していきました。
その結果、「エジソンが一番モチベーションが向上した!」ということとなったそうです。

「有名な努力家>無名の努力家>生まれつきの天才」という感じで、結局は皆が良く知っている努力型の人をロールモデルにした方がモチベーションが上がるみたいですね!

 

 

 

 

研究者によると『今回の結果を統括すると、「あの偉人が成功したのは努力のおかげだ!」と思い込んだ場合は、天才の成功談を聞くよりも動機づけられるようだ。』という感じみたいです。

個人的な感想として、アインシュタインのような超絶天才の話を聞いても「ふ~ん、そうなんだ…」や「あの人は天才だし、俺には関係ないや」になっちゃいますからね。
やっぱり、努力していった末につかんだ栄光を聞くと「よし、俺も頑張ろう!」ってなっちゃうのが人間なのかと…。

とはいえ、アインシュタインのような「天才なのにお茶目でひょうきんな人」という側面は、ロールモデルにするのは良いのかと思います☆

 

 

【参考文献】
[Not All Scientists Are Equal: Role Aspirants Influence Role Modeling Outcomes in STEM]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です