メニュー 閉じる

嫌なことを克服なら、○○をすると良し!

自分がやりたくないことでも、やらなければならないときがあります。

どんな人でも、嫌なことがあります。ですが、それを克服する・乗り越える・ストレスに強くなる方法があります。今回は、それについて解説していきます。

どうぞ、よしなに♪

 

 

嫌な体験をする前に運動をすることでストレスを克服できる

 

これは2016年に出たハーバード大学などの調査で、これによると「嫌な体験をする前に運動をすることでストレスに強くなる」そうです。

調査の内容ですが、80名の参加者の感情反応の傾向、気分、不安を測定したうえで、ネガティブな内容の映画を観てもらいます。
ですが、その際に以下の2グループに半分ずつ分かれてもらっています。

 

  1. 30分の適度なジョギングをおこなう
  2. 30分のストレッチをおこなう

 

当然ながら、映画の視聴後は大半の人がネガティブな感情にになりました。
しかし、ジョギングをしたグループほどメンタルの回復が早かったとのこと。ようするに、これからストレスがかかる状況になることがわかっているなら、事前に少し負荷が強い運動を30分ほどすればなんとかなるということです。

研究チームによると、

誰でも動揺することがある。

このような心の苦痛が生じたときに、その苦痛から円滑に注意をそらし、それにより即座にメンタルを回復できる人がいるが、そうでない人もいる。メンタルの回復ができないグループは、感情の制御が慢性的に処理できず、否定的な感情が持続する。極端な場合には、うつ病や関連する精神病理学に陥りやすい。

しかし、30分の適度な有酸素運動を終えた参加者は、運動をしなかった参加者と比較して、研究が終わった時の悲しみの報告が少なく、知覚的な困難の影響を受けにくかった。

 

 

どうやら運動は、身体的エネルギーが身に付くだけでなく、精神的エネルギーも身に付く働きがあるそうです。そのおかげで、ストレスがかかる嫌な状況でも、対処できるキャパが増えるというわけです。

「健全なる精神は、健全なる肉体に宿る」と言うけど、正にそのとおりなんですなぁ☆

 

 

【参考文献】
[Acute aerobic exercise helps overcome emotion regulation deficits]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。