メニュー 閉じる

「私は顔と行動を見ただけで性格がわかる!」は存在するのか?!

「私は人を見ただけで性格がわかります!」

と豪語する人がいます。
僕もなんとなくではありますが、言動や状況、自己の経験でおおよその見当くらいはつけることができます。

なんとなくですし、勘のレベルなのでそれに惑わされないようには気をつけています。
みなさんも、そんな経験はありませんか?

 

今回は、タイトルのとおり『見ただけで性格を当てる人は実在するのか?』について解説していきます。

それこそメンタリストだったり、占い師みたいな人で相手の性格を当てたりしますが、実際のところはどうなんでしょうね?
そういったことを研究してくれた論文がありますんで、それを基にひも解いていきます。

どうぞ、マメ知識程度に参考くださいませ♪

 

 

他者の性格を正しく評価できる人物について

 

これはテネシー大学などの実験で、対象者となった学生を以下の2つのグループに分かれてもらいます。
そのうえで「素状のわからない人物の性格を判断してみてください」と指示をだしたそうです。

 

  1. 素状のわからない人物と3分だけ会話する
  2. 素状のわからない人物が話している姿を3分だけ見る

 

この「素状のわからない人物」の性格については、事前に性格テストと第三者へのインタビューをおこなっていて、正確な情報をキチンと把握しております。
その結果、すべてのデータを総合して比較していったところ、平均よりも他者の性格を見抜くのが得意な人物は存在するという結論に至りました!

 

研究チームによると『どのデータを見ても、一貫して「他者の性格を見抜くのが上手な人」が実在することを明確に表れた。これは強いエビデンスである。』とのこと…。
顔と行動だけを見て、相手を正確に判断できる人というのは、一定数は実在しているようですね。

ところが、このことについては大きな注意点があります。
研究者は、

もっとも、他者の性格を見抜く能力は、「優れたターゲット」に対してのみ発揮される。
この他者の性格を見抜く能力とは決して超能力ではなく、シャーロック・ホームズのような人間が実在するわけではない。

 

ここで言われている「優れたターゲット」とは、対象者のキャラクターに沿った感情表現などをする人物のこと。
いわゆる「わかりやすいタイプ」のことでして、そのような相手でない限りは、どんなに他人を見抜くのがうまい人でも、その能力を十分に発揮できないのではないわけですねぇ。

また、研究者は『この現象は、たとえばAmazonで微積分の新しい本を買うべきかどうかを判断するのに似ている。』と表現しています。
これは、その本のサンプルが公開されていなければ、どんなに優秀な微積分の教師でも、微積分が苦手な学生と同じレベルでしか本の質を判断できないということ。だけど、少しでもサンプルの情報が公開されていれば、一気に教師の判断力は上がります。

顔や話し方、姿や立ち居振る舞いがあって、初めて他者の性格がわかるわけですな~~。。。

 

 

 

 

というわけで、

 

  1. 確かに、他者の性格を正確に見抜ける人は存在する
  2. ただし、その能力は『わかりやすい人=情報が把握しやすい人』にのみ発揮される

 

バイアスをかけてはいけませんが、なんとなくわかる気がしますね~~。
こういったことで、おおよその判断がつきそうですから。

当然ながら、これはごく一般的な人の性格の話しなわけで、ヤバい奴だとちょっと性質が違いますので注意が必要ですね。
わかりやすい人の方が行動が読めるので、予測しやすくて助かりますから!

あと、相手の本性を見破るのなら、このあたりをおさえておくのがよろしいかと☆

 

【参考文献】
[Reassessing the good judge of personality.]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です