メニュー 閉じる

アンチエイジングの決定版?の幹細胞コスメの効果を調べてみた件

ネット界隈で、幹細胞コスメのことを目にする機会が多いですね。
僕も、何となくですが聞いたことがあります。

幹細胞とは「ヒトを構成する数百種類の細胞のほぼすべての組織(細胞)に成長することができる万能細胞」のことで、一般的にヒトの幹細胞は、臍帯血や自分自身の体から採取されることが多いみたいです。
理論上、様々な細胞になる能力があるものだから、そのアンチエイジング能力を美容に応用しようと美容メーカーが考えた戦略なのでしょうね…。

そこで、単刀直入で『幹細胞コスメは効果があるのか?』について解説していきます!
基本的なスキンケアについては過去のブログに書きましたが、今回のことも参考にしていってください♪

 

 

幹細胞コスメの効果について

 

幹細胞コスメですが、これには植物由来とヒト由来の2種類あります。
植物由来のものについては、2017年に出たニュージャージー州立大学などのレビューが参考になります。

結論を申し上げますと、現時点においては植物幹細胞によるアンチエイジングを謳った化粧品は、幹細胞を含まないスキンクリームと同程度の効果しかないとのこと…。
植物幹細胞によって炎症が抑えられる、ないし健康な細胞の働きが改善されるといったメリットがある可能性も、完全には否定できません。しかし、今のところ、植物幹細胞が人間の細胞に与える影響は証明されていません。

ヒトどころか、動物の細胞でもない幹細胞を肌に塗布しても効果はなさそうですからね。

 

では、ヒトの幹細胞だったらどうなのでしょうか?
参考になるのは2016年に出たレビューでして、これはCALという、脂肪から幹細胞が豊富な液体を作ったあと、皮膚に注入する方法の効果をまとめたものです。

美容クリニックではアンチエイジングの最先端といった宣伝をされているようですが、結論は

 

  • 現段階では、血管を成長させるという研究結果もあれば、全く反対の研究結果になるという報告が混在する
  • CALに美容効果があったとしても、移植された脂肪はいずれ体内に吸収される(最大で2年ほど)
  • 移植された幹細胞に腫瘍ができるかどうかも、まだ明確な結論は出ていない

 

アメリカではまだFDA(米国食品医薬品局)も承認しておらず、まだ試験結果を待っているところです。
よって、現段階ではオススメすることができない内容です。

 

CALの研究が少ないもので、これくらいしか言えません。
さらに問題点がありまして、

 

  1. 「ヒト由来の幹細胞」を謳っているコスメには幹細胞が入っていない
  2. 幹細胞が入っているコスメは「植物由来」しかない

 

これについては、ヒト由来幹細胞は医療品に分類されていますので、そもそも化粧品には使えません。
なので、現在販売されている幹細胞コスメは、医療品を作る過程でできる上澄みの液を利用しているのです。

以上のことから、経済面にかなり余裕があって、自身で実験する以外は他の美容法をした方が良いですね!

 

 

 

 

これはあくまでも現段階の話なので、今後の研究でどうなるかはわかりません。

仮にヒト幹細胞がコスメに使えるようになっても、良くも悪くも何らかの影響が出るには、その細胞が生きている必要があります。
多分ですけど、生きた幹細胞をクリームや美容液に混ぜて維持するには、かなりの技術力がありますよね。その分だけ高額になりそうですし…。

だったら、おとなしく運動したり十分な睡眠をとったりした方が効率的かと☆

 

 

【参考文献】
[Plant stem cells in cosmetics: current trends and future directions]
[Potential drawbacks in cell-assisted lipotransfer: A systematic review of existing reports (Review)]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です