メニュー 閉じる

『自信がない』日本人がドンドン増え続けている!

以前から「日本人は自信がない!」だなんて言われていますが、それが論文によって結論付けられましたね…。
それも『自信がない日本人がドンドン増え続けている!』というものですから、これは穏やかではありません。

日本人が自信を持てなくなっている理由はわからないものの、そのデータがありますので参考にしていたでければと思います。

 

 

自尊感情を失い続ける日本人

 

これは1980 年から2013年にかけて、ローゼンバーグの自尊感情尺度で日本人の自尊感情を計測したデータを集め、抽出された256の研究から48,927名分のデータをメタ分析したものです。これにより、約30年間の日本人の自尊感情の変遷を見ていったそうです。

ローゼンバーグ自尊感情尺度は、自尊感情を計測するためのメジャーなテストで、以下のような質問に回答してもらって判断していきます。

 

  1. 私は自分に満足している。
  2. 私は自分がたダメな人間だと思う。(R)
  3. 私は自分には見どころがあると思う。
  4. 私は大体の人ができる程度には物事かをこなせる。
  5. 私には得意に思うことがない。 (R)
  6. 私は自分が役立たずだと感じる。 (R)
  7. 私は少なくとも他者と同程度の価値のある人間だと思う。
  8. 私はもう少し自分を尊敬できたら良いのにと思う。 (R)
  9. 私は自分を敗者だと思う。 (R)
  10. 私は自分に対し前向きな態度をとっている。

 

この数値が高ければ、自尊感情が高いと評価できるものです。
結果なのですが、

 

  1. 自尊感情の変遷について、概ね10代で低下したあと20代で上昇し、30〜40代では横ばいとなり50〜60代で自尊心が最大になる
  2. 中高生や大学生、成人であっても、最近の調査になるほど自尊感情の平均値が低下していた

 

自尊感情の変遷は海外の研究と一貫していて、10代で一旦は低下するものの、20代で回復します。
ですが、どの年代を見ていても、自尊感情の平均値は、最近になるほど低下し続けていることがわかったそうです。

こうした理由について研究チームは「経済状況と青年期の価値観を検討した先行研究では、経済状況が悪化してもポジティブな価値観は増加している」と指摘していて、単純に経済状況が引き金になって自信を失っているわけではない様子です。

 

それでは、海外の自尊感情についてはどうなのでしょうか?

1988~2008年にかけて55706名の若者を調査したメタ分析では、最近の方が自尊感情が上がっていることがわかっています。ですが、経済発展が著しい中国においては、35,499名のデータを調査したメタ分析によって、1990~2000年代にかけて若者の自尊感情の低下が見られています。

同じアジア人である中国を見てみると、経済状況は関係ないように感じます。
そして国際比較では、「日本人は他国よりも自尊感情が低い」という評価をしています。アジア人特有の思考なのか、それとも日本独特の文化の影響かはわかりませんが、事実としては「日本人の自尊感情は低下し続けている」のが現実です。

 

 

 

 

個人的には、自信があるかないかは気にしないようにしています。

なにかをする場面になった際、どのみちやらないといけないので、いちいち考えてられないですからね。
もし不安がよぎったら、そんな自分を受け入れますし、ネガティブな感情は活用するに限りますからね!

自信がないのは仕方がないですからねぇ~~…。

 

 

【参考文献】
[Age and survey-year effects on self-esteem in Japan: A cross-temporal meta-analysis of scores on Rosenberg’s self-esteem scale]
[Birth Cohort Differences in Self-Esteem, 1988–2008: A Cross-Temporal Meta-Analysis]
[Birth Cohort and Age Changes in the Self‐Esteem of Chinese Adolescents: A Cross‐Temporal Meta‐Analysis, 1996–2009]
[日本の子供たちの自己肯定感が低い現状について]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です