メニュー 閉じる

お口のケアを考えるなら食事の見直しも有効である説

僕も昔、口内炎に悩まされた子供だったもので、できたときには食事が辛いものでした。
口内環境をしっかり整えて、常に美味しい食事をしていきたものですよねぇ~~。。。

さて、身体に棲む細菌というと腸内細菌がイメージしやすいですが、口内にも僕らの身体に良い影響を与える細菌は生息しています。
口内環境によって虫歯や歯肉炎が起きるので、口内細菌を無下にするわけにはいきません。

今回は『お口のケアを考えるなら食事の見直しも有効である説』をお伝えします。

 

 

口腔衛生を最適化させる食事法

 

これは2020年に出たRCTのパイロット研究で、歯肉炎患者14名を対象に、以下のような実験をしたそうです。

 

  • 9名の参加者には、炭水化物が少なく、オメガ3脂肪酸、ビタミンC、ビタミンD、抗酸化物質、食物繊維を多く含む食事をする
  • 5名の参加者には、標準的な食事をする

 

実験期間は6週間で、定期的に唾液と歯垢のサンプルを採取して、口腔内のバクテリアの量を分析していったそうです。
結果なのですが、食生活を変えたグループの以下のバクテリアのレベルが大幅に減少したそうです!

 

  • Streptococcus mitis
  • Granulicatella adiacens
  • Actinomyces species
  • usobacterium species

 

これらはいずれも口腔内のトラブルにつながるバクテリアで、このレベルが大きく減少するのは成果が大きいもの。
パイロット研究で小規模な実験ですが、質の良い食事がオーラルケアになるのはうれしいものです。

お口の中を清潔にするのも大事ですが、やっぱり基本の食事を見直すのもアリなのかと☆

 

 

【参考文献】
[An oral health optimized diet reduces the load of potential cariogenic and periodontal bacterial species in the supragingival oral plaque: A randomized controlled pilot study]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です