メニュー 閉じる

自己紹介などの際、第一印象が良くなるのは「話を盛る」か「正直に話す」か

仕事にせよなんにせよ、自己紹介をする機会は割とあると思います。

その際、第一印象を良くするには『「話を盛る」か「正直に話す」かのどちらの方が良いのか?』という疑問があると思います。今回は、自己紹介などをする時、どうすればいいか迷っている人必見の内容となっておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

印象は、その後の相手の関係を左右するので大事ですよ♪

 

 

印象管理における有効な戦略

 

これは2021年に発表された、グエルフ大学のブルック・シャルボノー博士らがおこなった検証となっております。

初対面の人に自己紹介をする際、大きく2つの戦略をとるとされています。

 

  1. 自身についてできるだけ見栄えを良くする
  2. 自身について正直に表現する

 

「話を盛る」方法は相手に偽りの情報を伝えて印象をワンナップを狙うのに対し、「正直に話す」方法は相手にありのままの情報を伝え、相手に判断をゆだねます。大体において、仕事や恋愛に見られるテクニックだと思います。

この検証は複数回おこなわれていましたが、概要をまとめると、

 

  1. 仕事の面接を受けた大学生を招集し、それぞれがどのような戦略をとったかを尋ねる
  2. その回答をコーディングしつつ、被験者の性格特性、面接時における不安レベル、面接のパフォーマンスとを比較していく

 

実際の面接を参考に、「相対する人に良い第一印象を与えるには、どのような戦略が有効か?」を調査していったわけですね。

 

まず始めの検証でわかったことですが、「自分を正確に表現する」戦略をとったのは、全体のおよそ20%だったとのこと。おもいのほか、多くの人が正直戦略をとったようで、ここで定義している「正直戦略」とは、以下のような文章に賛同するか否かで判断しております。

 

  • 「私は100パーセント正直でした。私は自分が持っていないスキルを持っているとは言いません。私は自分の限界に気づき、インタビューでそれらについて正直です。」
  • 「私は自分の高学年に注目を集めました。私のプログラムと組織/ポジションの間に存在する完璧な適合性を強調しました。」

 

つまり、決して自分を大きくみせたり嘘をついたりすることはないのだけど、もし自分が相手のメリットになりそうな要素を持っていた場合は、その点を強調する戦略をとったというわけですね。嘘はないが、自身の利点はキチンと伝える方法です。

ついでに、「話を盛る戦略」については以下のとおり。

 

  • 「私は自分の価値観に合うように仕事と立場について調査し、答えを調整しました。」
  • 「面接官が望んでいたと思ったものと一致するように私は話をしました。」

 

「話を盛る」と聞くと聞こえが悪いのですが、上記のことは、誰しもが経験したことがあると思います。

 

ふたつの戦略にどのような差が生じたかというと、

 

  • 「正直戦略」をとる量が多い被験者ほど、「正直」や「謙虚」というパーソナリティ特性と相関していた
  • 「正直戦略」が他の戦略より有効だという明確な根拠は得られなかったものの、不安感については明確な優位性が見られた

 

つまり、「話を盛る戦略」と「正直戦略」があたえる第一印象に明確な差はないということ。
ただ、人間は一貫性を感じたい生き物なもので、「話を盛る=嘘をつく」と、そのたびに不安感に襲われるそうです。なので、コミュニケーションの不安についてを取り除きたいのなら、正直でいた方がメンタルヘルス的には健康なんだそうですね。

正直戦略と効果に優位性がなかったのは、「ナルシストはアピール上手!」などといったデータが多くあるので、そこは当然なのかもしれません。
なんせ人間は、自信に満ちあふれながら話されると、相は簡単に信じてしまいますからね。人間は相手の嘘を見破るのは苦手なもので、たとえ頭が良くてもあっさり騙されるので、話を盛ることに抵抗がないのなら、ドンドン話を持っても大丈夫だということです。

あくまで、この検証での結果から言えることは、ですが…。

 

 

 

 

ということで、「話を盛る」か「正直に話す」がでいうのなら、

 

  • 話を盛る(=嘘をつく)ことに抵抗がないのなら、話を盛っても正直に話しても差はほとんどない
  • 話を盛る(=嘘をつく)ことに抵抗があるのなら、不安によるストレスで印象が悪くなる可能性があるので正直に話した方が良い

 

ちなみに僕は優しい嘘以外は大嫌いな生き物で、けっこうなほど感情が表に出やすいので極力正直に話しています。
嘘は一貫性や整合性をとる作業で認知機能を消費しますし、良いことがあまりないですしね☆

 

 

【参考文献】
[The Surprising Benefits of Being Yourself -Being authentic can help reduce anxiety.-]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です