メニュー 閉じる

人間がSNSの投稿に嫉妬をする条件について

  • SNSを見て、他人と比較して落ち込む・嫉妬すると、あらゆる負の感情が湧き上がる人がいます。

正直なところ、SNSを見て幸福度が低下するのなら、その人はSNSに適正がありません。
SNSを有効活用している人に対する嫉妬や足を引っ張る行為はせず、おとなしくSNSから遠ざかるのが賢明です。

とはいえ、潔くそんなことをしてくれるならありがたいのですが、こういう人の性格上、それは期待できません(本当にヤバい人も一定数いますし)。
なので、ここはこちら側が工夫して『人間がSNSの投稿に嫉妬する条件』を知って対処する方が効率的です。
どうぞ、参考に♪

 

 

人間が悪性の嫉妬を抱く条件について

 

2019年に出たシカゴ大学の論文では、人間は『未来の出来事』に対して悪性の嫉妬を抱くとのこと。
この悪性の嫉妬とは、嫉妬の対象者を攻撃する・不幸が起きることを願う、といった類のものを指します。

論文内の調査では、620名の男女に対し、「あなたの親友の身に、自分にとって羨ましいと思う出来事が起きたと想像してください」と指示を出したそうです。
たとえば

 

  • 大自然あふれる場所でノビノビ過ごせた
  • ビッグビジネスを成功させた
  • 温泉でゆっくりくつろげた

 

とか(これは僕が羨ましいと思う出来事なんですが笑)
肝心なのは、その際に対象者を2グループに分けまして、

 

  1. いまから1週間に、親友の身に良いことが起きると想像する
  2. いまから1週間に、親友の身に良いことが起きたと想像する

 

未来形と過去形で、どちらの方が強く嫉妬心を持つかをチェックしていったわけです。
その結果、

 

  • 過去のイベントに嫉妬する場合、良性の嫉妬を抱くケースが多かった(「羨ましいなぁ…。自分も頑張ろう!」など)
  • 未来のイベントに嫉妬する場合、悪性の嫉妬を抱くケースが多かった(「羨ましいなぁ…。なんであいつばかり!」など)

 

研究者は、

 

情報をシェアするタイミングによって、我々が抱く嫉妬の質に変化が起きる。
SNSを例に挙げると、「今から旅行にいってきます!」と投稿をするよりも、「ただいま旅行から帰ってきました!」と投稿したほうが余計な嫉妬を抱かれずに済むだろう

 

 

 

 

ということで、人間は「まだ起こっていないことに悪い嫉妬をする」心理があるようです。

僕の考察ですが、人間は未来に対して不安を覚えますし、まだ起きていない出来事なら挽回ができます。
なので、自分が抱いている未来への不安も合わさって、嫉妬の対象に何かしらの負のアクションをするのでしょうね。

ちなみに、悪態をつくのは「自分の心のキズを癒すため」ってのもあります。
そんな人たちの対処方は、結局のところ「無視をする」のが一番だったりします。というか、攻撃を受ける側はそれしかできません(まあ、最終手段はありますが)。

 

 

【参考文献】
[Yesterday’s News: A Temporal Discontinuity in the Sting of Inferiority]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です