メニュー 閉じる

新型コロナウイルスの陰謀論信者の特徴と陰謀論を信じた人の結末

新型コロナウイルスの陰謀論ってあるみたいですね…。

有名どころだと「コロナは世界が生んだ生物兵器である!」みたいなヤツです。
正直なところ、独自で労力を用いて徹底的に調べ上げていかないといけませんし、一応はメディアが真実を届けています。そこで発表されている情報から、僕らがどのように考察していくか!…くらいしかないでしょう。

そんな中、『新型コロナウイルスの陰謀論信者の特徴と陰謀論を信じた人の結末』を調べてくれた論文がありますので、それをご紹介していきます。

 

 

陰謀論を信じる人の特徴と信じることによる影響

 

これは2021年のカナダとアメリカの住民797名を対象におこなわれた調査でして、まずは対象者全員に、

 

  • COVIDは生物兵器である
  • COVIDは人口過剰を管理するための手段である

 

といった、よくある陰謀論をどれくらい賛成するかを調査していきます。
その上で、対象者全員の精神状態や価値観も調査し、さらに1ヶ月後に再調査をおこなったそうです。そして、すべてのデータをまとめていくと、次のような傾向があることがわかりました。

 

  • 対象者の約半数が、新型コロナに関する陰謀論を少なくとも1つは信じていた
  • 新型コロナの陰謀論を信じる人ほど、1ヶ月後にはさらなる不安感を覚える傾向があった
  • 陰謀論を信じる人は、自身や他者について否定的な価値観を持ちやすかった

 

陰謀論を信じる人はネガティブ思考である傾向にあり、さらにメンタルがドンドン悪化していく可能性も高いとのこと…。

 

この結果に研究チームは

COVID-19の流行により、陰謀論が日を追うごとに拡散していく。
COVID-19によって引き起こされたメンタルヘルスの危機を受け、陰謀論の増加がメンタルヘルス低下につながっているという仮説をたてた。
過去の研究によると、陰謀論の誕生は、脅威的な状況における不確実性やコントロールの不能性への処世術によるものであることが多い。しかし、今回の調査結果では、陰謀論を信じることで、その後に不安感が増加する傾向が確認された。

他の研究では、陰謀論信者ほど、マスクの着用、社会的距離の確保、ワクチンの接種など、政府のガイドラインに従事する可能性が低いとも報告されている。
これに加えて、今回の結果によれば、陰謀論は、それを信じている人にも悪影響を及ぼすことがわかった。

 

 

過去のデータでは、陰謀論が生まれたのは「危機的状況」や「自身ではどうすることもできない…」というケースで、自分のメンタルの均衡を保つためである、としています。

今回の新型コロナの陰謀論も、その一例だろうと言えます。
そして、陰謀論は周囲が悩んでいる印象を受けますが、実際は自分自身も悩んでいる可能性が高いみたいですね。

 

 

 

 

実際のところ、ウソ情報を一度でも信じてしまうと、その情報をくつがえすことがかなり難しいです。
なので、信じてしまった陰謀論を説得するのは、ほとんど不可能であるというのが科学的な見解とされています。

今回の結果や過去のデータを参考にすると、陰謀論の根底にあるのは、自身の不安や他者への怒り、社会への不平不満といった、ネガティブな感情よるものだと思います。
そういった人たちを侮辱したり嘲笑したり、敵対する態度は、相手は強硬姿勢になるだけなのでオススメしません。

「コロナによって悩んでいる」といった共感できる部分を探していって、陰謀論信者を理解することが望ましいでしょうねぇ~~。。。

 

 

【参考文献】
[COVID-19 conspiracy beliefs: Relations with anxiety, quality of life, and schemas]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です