メニュー 閉じる

脳のスペックを常に最適にするなら、最低限守ってほしい7つのこと

またしても、脳のパフォーマンスに関する話題。
前回は「1日中、脳のパフォーマンスを最大化するならコレをして!」と書いたのですが、今回は脳のスペックを常に最適にするなら、最低限守ってほしい7つのことについて解説していきます

本当に脳の健康のために必要な、シンプルな構成になっている基準なので、皆さんも守ることが可能な内容となっております。どうぞ、参考にしていってください♪

 

 

脳を最適化させる「人生のシンプルセブン」について

 

これは2017年に出たアメリカ心臓協会が発表したレビュー論文です。

過去のデータから信ぴょう性の高いものをピックアップしたもので、「脳機能を維持するために必要な方法」を調査してくれています。そのうえで、脳機能を維持するためのライフスタイルを「人生のシンプルセブン」と称して7つのポイントにまとめてくれました。

アメリカ心臓協会が調査したものなので、血管と脳の働きに焦点を当てたアプローチが中心となっております。
人間の脳は細かい血管の集まっておりますので、当然ながら、血行が悪いなら脳の働きも鈍るわけです。

研究者は、

過去の研究を総括すると、動脈硬化には、ほぼどれも同じ原因がかかわっていることがわかる。
これは、年齢を重ね脳の機能を低下させ、アルツハイマーを引き起こす最大のリスクである。

しかし、ここで提唱する「人生のシンプルセブン」というガイダンスを従えば、ただ心臓病や脳卒中を予防できるだけではなく、脳機能の低下も予防することができる。

 

 

この「人生のシンプルセブン」とは以下のものを指しています。

 

  1. タバコを吸わない
  2. 運動
  3. BMI25以下
  4. 健康的な食事
  5. 血圧が最大120最低80
  6. 総コレステロール値200mg/dL以下
  7. 空腹時血糖100mg/dL

 

シンプルの名のとおり、本当に単純なことを守るだけのラインナップです。
皆が思い描く健康的な生活を送ることで、自然と頭が悪くなるのを防ぐことができます。

この項目で具体的に表現されていない「健康的な食事」とは、単に「野菜と果物が多い食事」とお考えください。論文内では「DASH食」が一例として出ています。また、地中海式料理もオススメして挙げられているので、このあたりは自身で工夫すると良いのかもしれません。

 

 

 

 

その一方で、運動に関しては、脳機能に有効な運動量については示されていません。

研究者も「軽い身体活動でも脳の健康を維持するのに十分なのかは不明で、最適な身体活動が年齢によって異なるかも不明である。」とコメントしています。当ブログでは「WHOが定めた健康のために必要な運動量の目安2020年版」を書きましたので、コチラを参考にすると良いかと思っています。

頭が悪くなりたくないのなら、健康的な生活習慣が大切ですぜっ☆

 

 

【参考文献】
[Defining Optimal Brain Health in Adults: A Presidential Advisory From the American Heart Association/American Stroke Association]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です