メニュー 閉じる

脳の健康にオススメのドリンクはコレだ!…っていう話

今回は「脳の健康にオススメのドリンクはコレだ!」…っていう話をしていこうかと思います。

忘れっぽいとか度忘れとか、割と起きていると、ちょっとした不安を感じることがあるとでしょう。
個人的には「あっ、なにをするか忘れたw」と軽く流して気にし過ぎないようにしてますが、対策するに越したことはないです。今回のブログを参考に、脳の健康を保っていきましょう。

アンチエイジングって大事♪

 

 

コーヒーによるアルツハイマー型認知症の発症リスク低下について

 

これは2021年にでた調査でして、高齢者227名(平均年齢69歳)を対象に、普段からどれくらいコーヒーを飲んでいるかを調べていきました。そのうえで、エピソード記憶や認識記憶、実行機能、言語、注意、処理速度のレベルをチェックしていったそうです。

これを10年にわたって調査し、認知の測定は最大で7回おこなわれたそうです。
また、参加者の一部は定期的に脳容積の変化を測定するため、MRIスキャンとPETスキャンを受けてもらったようです。長期にわたったかなり大規模な調査でして、結果の信ぴょう性としては高いと感じます。

 

この調査でわかったことですが、それが以下のとおり。

 

  1. コーヒーを多飲する参加者は、10年間を通じて、実行機能と注意の領域で認知機能の低下がゆるやかだった
  2. また、コーヒーを多飲する参加者は、10年のあいだに「軽度認知障害」または「アルツハイマー型認知症」になるケースが少なかった
  3. PETスキャンの解析によると、コーヒーを多飲する人ほど、脳内のAβアミロイドが溜まりにくいことがわかった。ただし、MRI検査の場合、コーヒーの摂取による脳体積の萎縮とは関係がなかった

 

あくまで推察の領域ですが、おそらくコーヒーを飲むことでAβアミロイドによる酸化ストレスが緩和され、脳機能の老化を抑えてくれるのだと思います。

研究者によると、

我々の試算では、家庭で飲まれる平均的なコーヒーの量が1杯240gだと仮定すると、1日1~2杯に摂取量を増やすことで、18ヶ月の間に実行機能の低下が最大8%減少できる。また、同じ期間に脳内Aβ-アミロイドの蓄積を最大5%減少させることができると考察される。

 

 

数値のみを見てしまうと、少しばかり頼りなさがあると思います。
ですが、正直なところ食品で考えると高い効果ですので、健康面では優秀でしょうね。

コーヒーは、

 

 

っていうのがありますし、オススメしている健康ドリンクです☆

 

 

【参考文献】
[Higher Coffee Consumption Is Associated With Slower Cognitive Decline and Less Cerebral Aβ-Amyloid Accumulation Over 126 Months: Data From the Australian Imaging, Biomarkers, and Lifestyle Study]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。