メニュー 閉じる

新型コロナの陰謀論信者に見られる特徴的なヤバい性格について

陰謀論についてチョコチョコ投稿しているのも、当ブログの特徴でもあります。
過去には、

 

 

といったことを書いております。
興味本位で傍目から見ている分には良いかもしれませんが、実は「新型コロナの陰謀論信者の特徴的なヤバい性格」があるので、あまり深く関わらない方が無難かもしれないのです。

今回は、そのことについて解説していきます。

 

 

新型コロナの陰謀論信者特有のヤバい性格

 

これは2021年に公開された論文で、406名のイギリス人を対象にした調査となっております。
まずはオンラインで参加者に様々なパーソナリティテストを実施します。さらに、参加者に一般的な陰謀論と新型コロナ特有の陰謀論をどのように思っているかを回答してもらったそうです。

調査内容ですが、たとえば「新型コロナが本当に存在するという証拠はない」といったような文章に賛同するかどうかを判断する、さらには各々の陰謀説を拡散する意思の有無なども評価してもらったそうです。

 

そのうえで、新型コロナ陰謀論信者たちと、パーソナリティの相関を調べていったところ、以下のような結果となりました。

 

  1. 新型コロナ陰謀信者のレベルが高い人ほど、マキャベリズム、サイコパス、集団的ナルシシズムが強い傾向があった。
  2. さらに、これらの性格特性を持つ人は、ワクチンを接種しないと回答をする傾向もあった

 

マキャベリズム、サイコパス、ナルシシズムとは専門用語で「ダークトライアド」と呼ばれています。
過去にも散々書いてきた「ヤバい人」の特徴でして、リンク先を見ていただきたいのですが、ここで簡潔に書くと、

 

  • マキャベリズム:相手を操作して支配しようとする人
  • サイコパス:感情が欠落していて、衝動的かつ反社会的な行動をとる人
  • 集団的ナルシシズム:自身が所属している集団に、極端なまでに愛情や優越感を持っている人

 

過去にもダークトライアドと陰謀論信者には強い相関があることがわかっており、「人を操る、奪う、支配する、自分最優先」といった気持ちが、陰謀論的思想に結びつきやすいそうです。

とはいえ、この調査はすべて参加者の自己申告のもとにデータ採集しております。
参加者の新型コロナに関する知識も評価されていませんし、あくまで横断研究なので明確な因果関係がわかっておりません。なので、「陰謀論を信じやすい人はヤバい価値観を持っている…かも!」と捉えておいてください

 

 

まあ、僕自身、聞いている分には面白いので好きですねぇ。
フィクションとして聞くと想像力をかきたてられますが、いざ陰謀論信者と対面すると、なんだか面倒くさいそう(汗)

 

 

【参考文献】
[It’s a conspiracy: Covid-19 conspiracies link to psychopathy, Machiavellianism and collective narcissism]

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です